記事一覧

造影剤の結果、お刺身、そしてかいしんの・・・

今日は先日やった造影剤の検査の結果を聞きに行ってきました。

まずは、造影剤が体に残ってないかとか調べるのに採血。
たまたまでしょうが、先日の検査の時に点滴入れてくれた看護師さんに当たりました。

本人なので、一応言っておいた方がいいかなと思い、

「刺してもらった時はなんともなかったんですが、待ってる間に当たって痛くなった」

と、一応報告しておきました。

が、なんか反応甘かったと言うか、今日は採血してくれてるところ見てたんだけど、この人もそんなうまくないな、採血・・・

色々話しながら採血してもらってたんですが、その時に、

「何の疑いで検査だったんですか?」

とか聞かれた。

なんのって、別に疑いとかじゃなく、4年前に入院して定期的に検査してるが、先生がそろそろ造影剤でもやっとくか~みたいな感じだったと言ったら、

「もし検査の結果入院とかされることになったら、点滴が困ると思うんですよねえ」

とか言われたよ、おい・・・

あんまり外来の人がこんなこと言わんよね?
先日のあせあせしてた看護師さんもそうだけど、揃って患者を不安にするようなこと言ってどうよ・・・

入院した時、さすが脳外科だけあって、どの看護師さんもきびきびしゃきしゃきしてるなあと思ったんですよ。
病棟と外来は違うのか?
それとも、年月が経って人が入れ替わったからか?
ちょい心配になりました。

検査の結果は全然問題なし。

「また半年に一度MRI撮っておきましょう」

と、半年後の予約をして帰ってきました。

検査結果はなんともなかったんだけど、採血やら点滴やらで、ちょいと「なんだかな~」な気持ちになってました。
あんまりいい気分じゃないよね、やっぱり。

帰ってから仕事やら雑用やらご飯の支度やらで忙しい上にちょっと暑かったのと、そういうの思い出してちょっとテンション低かったです。

そしたらね、ちょっといいことが・・・

まずは、もう長年来てくれてるタクシーの運転手さんのお客さんがいるんですが、その人が、

「おっちゃん、一つあげるわ」

と、1枚目の写真のようなお刺身をくれました。

ファイル 3152-1.jpg

今日のご飯は「塩鮭」「小松菜とあげの煮物」「ダイコンとニンジンの酢の物」だったんですが、せっかくもらったので父親はこれ食べてもらうといいなと思ったら、

「めっちゃいっぱい入っとう!」

タクシーの運転手さんって、おいしいお店とかよく知ってらっしゃるんですよね。
ちょこちょこおいしい物いただいたりしますが、こういうのは初めてでした。

先日買ったお刺身も結構当たりだったんですが、これはもうどれも新鮮コリコリ♪
多分、端っこ(と言ってもめっちゃ大きかった)とかをどーん!と入れて盛り合わせにしてたからでしょうが、1パックで十分3人分ありました♪

おいしかった~幸せ(⌒▽⌒)

ほくほくして、ととろさんの分のお刺身持って帰ったら、ポストによく知ってる犯罪者(笑)から何か届いてる・・・

開けてみたら、2枚目の写真!

ファイル 3152-2.jpg

冒険の書付きの「かいしんの一滴』があ!(笑)
これはあれか、私に冒険に出ろと言うこっちゃな?え?(笑)

「送りつけ詐欺とはなんと恐ろしい・・・」

ととろさんと2人でガクブルしましたが、私は知っているのです。
この犯人は、まだ初犯だということを!(謎)
私の仲間には犯罪者が多いが、その中でもまだ初心者( ̄▽ ̄)

などと意味の分からんことを言ってお礼に変えておきます、ありがとー懐かしの初犯様へ冤罪犯から(´¬`)ノ

ちょいへこみだった気分もあげあげになりました♪

秋分の日の話

昨日は造影剤検査のことを書いたんですが、昨日も色々あったので覚書的に日記に。

まず、お彼岸なのでお墓の掃除に行きました。
いつもだったら春でも秋でも中日までには行くようにしてます。
ですが今回は、仕事や用事があり、検査もあったので昨日になりました。

それでも夏みたいに早く行く必要もないし、休日だし、で朝ちょっとゆっくり起きて洗濯してたら、妹から、

「今日のお昼にそっち行くからおじいちゃんとお昼食べようと思ってる」

ってメールが来ました。

旦那のJ2と来るらしい。
甥っ子のおにいは大学で大阪だし、いっちゃんも学校か部活かなんかあるんだろう。
あっちのお墓参りを済ませてからこっち来るとか。

で、私はまだ洗濯干してたんですが、干し終わってからグダグダドレドレのととろはほっといてヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ 一人で掃除とお参りに行きました。

9時半頃から行って小一時間お墓にいて、その後は買い物に。
買い物して帰ろうと思ったらクマからメール。

「ひよこが帰らない・・・ (ノ_・、) 」

うん、お墓掃除して買い物してたら2時間ぐらいかかるからね。

んで、帰って、ご飯の下ごしらえをしました。
あっちでとーちゃんのご飯とかの準備するけど、妹も来てたら台所使いにくいしね。
実家の台所はそこそこ狭い、他、食洗機も相変わらず水漏れ予防で斜めに置いてあるし、色々直したいところあるんだけど手をつけられてないし。

豚肉を生姜醤油に漬けておき、実家行ったら焼くだけにしておきました。

そして、

「妹んところが来てくれたら今日のお昼はとーちゃん任せられるし、久しぶりに2人でご飯にでも行こうか~デートしよっか~」

てなことになりました(笑)

実家に、お彼岸のお供え用のぶどうとたい焼き(これについてはまた後ほど)と洗濯物、タッパーなんぞを届け、妹とJ2とちょっと話してから2人で出発。
ちょっとゆっくりご飯食べて、買い物してから家に帰ったら4時過ぎだたかな。

また色々片付けて一休みして、今度は4時半頃から実家へ。

とーちゃんが、

「お茶飲んだり色々食べたりしてちょっとお腹大きい」

と言うので、梅干しおにぎりを作っておき、後でつまめるようにしておきました(笑)

妹にご飯だけ炊いておいてもらったので助かった。

それから、とーちゃんの明日のご飯用に「生姜焼き」と「鮭のムニエル」を作って置いておく。
先日、100歳以上の人がよく食べるご長寿食品の1位が豚肉で、鮭も4位ぐらいだったかな?いいと思ったのよ(笑)

そして帰ってきたらととろさんは寝てる。
ほっといてお風呂入ったり色々して、ついでに今日出かけた時に着てた服とかだけ洗濯しておいて、干してたらクマが起きてきた。

うちもダラダラと遅くまで時間かけてご飯食べてたので、今夜はたい焼きにすることにしました。

なんでお彼岸にたい焼きかと言いますと、

「多分妹がおはぎ持ってくるだろうからかーちゃんが好きなシュークリームでも買うか」

と思ってたんだけど、買いに行ったらちょうどシューが切れて焼いてる最中だと言うので、お隣の店でたい焼きを買ったのでした(笑)

「黄金あん」「粒あん」「カスタード」をセットで2セット、1つを妹宅用にし、こっちも3人で分け分け。
とーちゃんは「粒あん」を選び、ととろさんは「黄金あん」を選びました。

ファイル 3151-1.jpgファイル 3151-2.jpg

んでね、私は「カスタード」にしたんですが、食べてみたら、

「あれ、黄金あんや、間違えたのかな?」

と、食べ進めて行ったら、

ファイル 3151-3.jpg

「あれ、カスタード出てきた」

と、3枚目の写真のように・・・

う~ん、2種類食べられてお得だった?(笑)

とまあ、そういうお彼岸の中日でしただよ。

今日は、朝もゆっくり寝て、洗濯して、ととろさんと2人で10時頃にブランチ食べて、お昼はもうやめて早めに夕飯食べようと思います。

だって、今夜はDASHが3時間あるんだもん!直虎もあるんだもん!私忙しいんだもん!

そういうことです( ̄▽ ̄)

造影剤検査は大変か?

お彼岸の中日、秋分の日ですね。

お彼岸の話を書こうかなとも思ったんですが、昨日の検査の話の方が書きたいのでそっちにします(笑)

入院してる時に動脈から造影剤を入れて検査はしたことあるんですが、退院してからは初めてです。
両親や伯母さんの造影剤検査に付き添ったり見たりしてるから、まあ大体はやること分かってる。

「めんどくせーなー」

と、

「造影剤が体質に合わなくてしんどくなったらいやだなー」

ぐらいの気持ちで行きました。

検査の1時間前に病院に行き、採血して、その結果を見てから検査をします。

呼ばれて採血とかする部屋に行ったんですが、なんか、あまり経験がないのか「あせっ!あせっ!」みたいな感じの看護師さんでした。

「採血後に点滴の道を確保するために最初から献血の針を入れさせてもらっていいですか?」

と言うので、いいですよ、と了承。

座って採血する枕みたいなのに両方の腕を置いたら、

「今日は右の正中でと決められてますので」

というので、まあ右手のど真ん中が一番取りやすい血管ではあるので、そこでいいかなと思いました。

んでですね、一応、

「右手のここが一番太いんですが、なんか斜めに走ってて、このへんからこういう感じで皆さんやってくれてます」

と説明したんですが、あせあせ看護師さん、

「あ、そうですね、はい」

と言いながらも、

「あーこれですかね、採血だったらそれでいいんですが、点滴のはもっと長いので、この先まっすぐにあるのかなあ・・・」

って、なんか色々と不安になることいっぱい言うてくれるんだな、これが。

「ちょっと怖くなってきました」

と言ったら、

「あ、あ、すみません、不安にさせたらいけないんです、気分悪くなってもだめなので横になってもらいましょうか」

と、診察台に寝さされました。

それですんなり針入ればいいや、と思ってたんですが、予想通り入らない。

「あの、なんかそういうのに慣れてるような人とかいないのかな~」

的なことを、ちらっちらっと呼びかけていったら、

「あ、あ、そうですね、ちょっとうまい人探してきます!」

と、一度針を抜いてどこぞに行ってしまった。

そういうのも慣れてるので、やれやれと思いながら待ってたら、すぐに違う看護師さんが来て、

「あれ、看護師いませんでしたか?」

と聞くもので、

「点滴のうまい人を探しに行きました~(笑)」

みたいに言ったら、

「あ、もしかしたら探されてるかも」

と、結局この人がそうだったようで、やってもらうことになりました。

んで、割りとすんなり入った。
よかったよかった。

「右手の正中なので手を伸ばしたままでいてもらわないといけないんですが」

と言われたけど、なんか、そんなこともやったことあるわ、そういや。

ってことで、点滴の管っぽいのを貼り付けられた手を真っ直ぐ伸ばしたまま、待合室に移動しました。

「ちょっと場所を考えないと点滴の針(プラスチックかなんからしい)が当たると痛いな」

そう思って、工夫しながら手をあっち置いたりこっち置いたりしてたんですが、そのうち手の置き場がなくなってきた。

予測するに、例えば机の角っことかが足に当たってても、短い時間だったら痛くないでしょ?
それが、長い時間当たってると、段々と痛くなる。
なんか、そういう状態が血管内で起こってるような、そんな感じになってきた・・・

30分以上その形でいて、やっと検査室に呼ばれて移動しました。
それがまた1階から2階で、エレベーターに乗って移動。

やっと検査室に入れた時はもう、

「ああ、やっと検査してもらえる、とっととやってもらってとっととこれ抜いてほしい!」

状態でした。

んでね、そのまま台に横になるのかと思ったら、技師さんが、

「この検査着に着替えてください」

って、浴衣みたいの出してくる!Σ( ̄▽ ̄;)

「え、この状態で?」

思わず口から出しましたとも。

さらに、髪の毛を留めてるゴムやらシュシュやらピン留めやら、全部取らないといけない。
そうか、MRIじゃないからいいやと思ってたなが、CTもだめだったか。

着替えるのに四苦八苦、さらに髪のピンも、さっきの「あせあせ看護師」さんが手伝ってくれようとしてるんだが、気を使いすぎてるからか、よう抜かんのだよ!

さっともう自分で抜いたんだけど、腕時計だけは自分で外せない。
そりゃそうですよね、右手真っ直ぐ伸ばしたままだもの。

んで、またこの看護師さんが腕時計もなかなか外せない不器用さ・・・
横のボタンを押して、とやっと外してもらったんだけど、しょう~じき、かな~りいらっとしてました、ええ( ̄▽ ̄)

そうやってやっとこ検査の台に横になったのはいいんだが、手を置く台がない上にこの頃になると、もうどこに手をやっても血管内のどこぞに管が当たってるような、痛いってのとは違うんだが、なんと言うか、

「(シー♭のイメージで)なーーーーーーー!」

と叫びたいような、そういういらーっとした気持ちになってました、ええ。

手を置く台がないもので、体を縛るベルトで固定してもらってるんだけど、動かしてるつもりではなくてもちょっとでもずれると、なんぞ痛い!
おまけに、左手も一緒なので、なんか左手も動くとどこぞ痛い!

「なーーーーーーーー!」

心の中で何度も叫びましたとも、ええ!

実際に造影剤入れる時間は1回目が1分ほど、2回目が30秒ほどだったらしいんですが、待ち時間やら造影剤濃度が低くなるまでの待ち時間とか、何もかもが苦痛!

「はい、撮影終わりました、楽にしてくださいねー」

って言われても、楽にでけんー!なーなーなーなー!

右手が、血管がどうとかよりも、位置を固定するためになんか変な方向向いてたりするもんで、全体的に突っ張ってるのか何か、もうどこもかも、何もかもが辛い!痛い!意味分からん!
おまけに左手もくっついて影響あるもので、こっちも変な感じ!

右手から造影剤が入って体の中が熱くなってくるんですが、左手がめっちゃ熱く感じる!
多分意識の問題なんでしょうが、左手まで辛いー!なーなーなーなーーーー!

小一時間かかってやっと検査が終わり、

「はい、点滴はずれましたよ~」

と言ってくれたんだけど、全然すっきりしないしもうぐったり・・・

静脈炎とかならないかとか心配したけど、血管と言うより、なんか右手全体のあっちこっちが意味不明に苦痛です( ̄▽ ̄)

昨夜寝る時に湿布して寝たのでちょっとましかな、とは思うけど、一番しんどいのは肘の下の外側、血管と全然関係ないとこ(笑)

検査終わって買い物して実家に行って、その話をして父親に爆笑された頃には、

「よっしゃ、ネタになった!」

ぐらいの気持ちになってましたが、いや、ほんま辛かったのよ?(笑)

ととろさんに言ったら、

「早く検査がいらないようになろう」

って言われたけど、なかなかむずかしいと思う。

とりあえず、多分また何年後かには造影剤しようと言われると推測されるんですが、その時に血管問題をどうしてもらおう、どう言おうかを今から悩んでます。

そして結論・・・

「造影剤、点滴が普通に入る人にはなんも心配ない検査ですー!」

検査前に一仕事、なしよ

今日は午後から造影剤の検査をしてきます。
やっと来ましたね、この日が(笑)

心配なのは、

「お昼食べちゃだめ」

ての( ̄▽ ̄)

お休みの日とかに、めんどくさくて「もうお昼食べんでもええかな」ってな感じのは平気なんですが、前もって「食べちゃだめ」「飲んじゃだめ」って言われるとなんかプレッシャー

「そうか、食べられないのか、大丈夫かな」

と、昨日からちょっと心配( ̄▽ ̄)

検査の3時間前まではOKなので、10時半頃に早いお昼だと思ってなんか食べとくか。
それとお水、1時間前まではOKなのでいつものように水筒持って病院いこっと。

そういうこと考えながら朝の用事してて、「ひよっこ」が終わってまた洗濯干す続きをやってたら携帯が鳴りました。

父親からこんな時間に電話、7時にしたところなのに何があった!

びっくりして電話取って「どしたん!」と聞いたら、

「あのなあ、申し訳ないんやけど○○まで走れるか?」

○○とは、うちのお得意様なのです。
なんでも急に入用な物ができたとか。

え~と思いましたが、でも少し早く家を出て行くならいいかと、

「じゃあ病院行く前に寄ったらええのかな?」

と聞いたら、

「それが、できるだけ早く欲しいって言うとんや」

って、なんじゃそりゃ・・・

まだ洗濯干しかけだし、歯磨きもしてないし、それにまだパジャマ(と言ってもTシャツとトレパンだが)だし、すぐには行けない。
そういうわけで、10時までには行く、ということにして、プリプリしながら洗濯干し再開。

すぐにね、何もかもほったらかして行こうと思ったら行けないことないです。
歯磨きもリステリンくちゅくちゅして、Tシャツの上からエプロンでもして、下をパンツにはきかえたらすぐに出られる。
そしたら8時半ぐらいに実家着いて、それで配達も行ける。

でもね、そりゃしたくない。
高校の頃から店のこと手伝ってるから、色んなところに配達行ってるし、色んなお客さん知ってるからこそ言うけど、そういうのってこっちが譲歩したらどんどんどんどん、そういうのが増えてくる。
どっかで一線引かないと、よっぽどのことがない限り、なんか一線ひいて「ここからはだめ!」ってのしないと生活まで圧迫されてきますよ。

大学の頃でも、もうお風呂も入ってって時間になって、何回もバイクで荷物持って走りましたからね、私。
車出すほどの荷物じゃないし、別に行くのは行かんことないけど、いいですよいいですよとにこにこして行くとなんぼでもそういうの増えてくる。

もう亡くなったけど、ずっとお世話になってた整骨院、そこが施術所と家が一緒になった造りなのに、先生は車で1時間ほどかな、離れた場所に住んでたので、どうしてかと聞いたら、

「最初はここに住んでたけど、そうしたら曜日も時間も関係なく診てくれってこられるようになったから引っ越した」

分かる、めっちゃ分かる。
うちも、今はそういうことないけど、昔はひどかった。
景気良かった頃は、店閉めてからも酔っ払ったのが「開けろー」とか来てたもんね。
深夜2時とかに「開けんかったら壊すぞー!」とかってのもあったし、そこまでじゃなくても知ってる人でも、平気で店を閉めてから、9時や10時に「ちょっとだけごめん~」って来たりもする。
店を閉めてるの知ってるから「玄関から行きます~」って普通に電話してきてたもんなあ。

そう考えると今は不景気になったんですなあ。
まあコンビニが増えたからってのもあるだろうし、当時の人も年取って入れ替わったからってのもあるだろうが。

そんなこと考えながら支度して、8時45分頃に、

「今から出て荷物受け取って行ったら9時過ぎぐらいでいいかな」

と思ってたら、父親からもう一度電話があり、

「取りに来てくれた、ごめん」

って、ほっとした。

「今まさに出るとこやった」

って電話切ったけど、はあ、良かったです。

しかし、普通の日ならまだあれだが、なんでこういう日に限ってこんなん入るかなあ。
思い返せば今までもそんなこと多かった気がするが、単にそういう日だから記憶に残ってるだけなんだろうか?

なんにしても、これで検査行くまでちょっとゆっくりできまする。
午後からがんばってきま~す。
ちょっと寝るかも(笑)

試写会「僕のワンダフル・ライフ」

父親にはお友達がいます。

ほとんど毎朝「おはようございます!」と挨拶して散歩に行き、週に何回かその帰り道にうちの店に寄り、色々おしゃべりして帰るようになって、もう何年もになります(笑)

そのうちに私も顔見知りになり、父親のお誕生日にはプレゼントを送ってくださったり、こちらもお返しにお赤飯やら餃子やらを届けに行ったりするようになりました。

そしてこちらもちょこちょこと、なんですが、映画の試写会の当選ハガキをくださるようになりました(笑)

最寄り駅の駅前の大きなスーパーにあるシネコン、そこでちょこちょこ試写会をやってるんです。
散歩の時にでもそこで見つけたら応募してて、当たったら「ご夫婦で」とくださるようになりました(笑)

今回は、

ファイル 3148-1.jpg

「僕のワンダフル・ライフ」

でした。

これ、見たいな~と思ってたので、喜んで行かせていただきました。
ちょうど今朝、父親のお使いで問屋さんに荷物を取りに行って届けたら来てらっしゃったので、お礼を行ってから買い物に行きました。

今朝、駅前まで行く用事があったので、その時にチケットを交換しておいて、夕方からととろさんと試写会に。

まだ上映前なので、いつものようにストーリーは割愛、ネタバレもなし(笑)
軽く感想だけ。

さらっといい映画でしたよ。
あまりお涙頂戴とかだと見ててしんどいですが、淡々とストーリーが進んでいく、そういう映画でした。
私は好きだったな。

そして面白かったのが、後ろかその後ろぐらいに小さい子供さんがいたらしく、その声がするんですが、主人公のわんこに何かあると、

「かわいそう、かわいそうやねー」

って言うのが聞こえてくる(笑)

ちびっ子だけどちゃんとストーリー分かってるんだなあと思いました。

私は自分で犬を飼ったことはないんですが、生まれてまもなくから伯母さんちの犬と一緒に育ったようなものなので、物心ついた頃には犬に慣れてました。
そのおかげかな、動物好きになったのは。

あと、大伯母のところにもシェパードがいたり、行くところで犬やら猫やらがいたのでそこそこ触って大きくなってます。
なので、なんとなくうれしかった、この映画。

そうそう、いつも試写会のハガキいただいていいのかな~と父親と話してたんですが、ラジオや新聞の投書欄にもよく投書してて、載るとコピー持ってきたり、「明日の何時から浜村淳で読まれます」と電話してきたり、試写会に申し込むのが好きらしいので、これからも遠慮なくいただいて、また他のことでお礼したらいいかな、と言ってます(笑)
いつもありがとうございます。

今夜から飲まないこと!

先月、造影剤検査のために一部薬を飲むのをやめるのを忘れてて、検査が延期になりました。

「その薬、今夜から飲んじゃだめー!」

そう、とうとうその時期が来たのです!

数日前からご飯を食べる席の横に検査の注意の紙を置いて、

「20日夕方からやな、よしよし」

とチェックしてチェックして、やっと今日になりました(笑)

その薬を飲んでると腎臓に影響が出るかもなのだそうです。
自慢じゃないが、元々腎臓あまり良くないですからね、私。
子供の頃から、疲れるとすぐ蛋白降りるし。
つーか、それで慣れてちょっとぐらい蛋白降りても「またか」ってぐらいですし。

これは間違いなく父親からの遺伝です(笑)
うちの父親も私が生まれた頃からそういう検査引っかかって、色々調べたけど特にどこが悪いんじゃなくて体質らしいです。
なんかね、親の悪いところばっかり継いでるの私(-。-) ぼそっ

なので腎臓の影響は怖いのです。
検査の紙とにらめっこして、飲んでもいいという日まで、がんばって飲み忘れます!

わさびと肉

うちは以前はずっとお付き合いのあるお米屋さんでお米を買ってたんですが、ちょっと遠いのとお米屋さんがこちらに以前ほど来る用事がなくなったこと、なんかから今は色々なお米を買ってます。
ととろの郷から送ってくれたりもありますけどね。

今回はたまたま見つけた「丹波のコシヒカリ」を買ってみました。

ところがですね、このお米がなんか結構パラパラしてたのです。
冷めたのをレンジで温めたらおにぎりにしにくいような感じ。

「いっそ逆に焼き飯にしてみたらどうだろうか」

そう思い立ちました( ̄▽ ̄)

そして焼き飯にするついでに、写真のように贅沢にサイコロステーキを乗っけてみた。
まあ、安物のオージーのステーキ肉でもそこそこおいしい。

ファイル 3146-1.jpg

さて、話は昨日に戻りまして、敬老の日でお刺身とお赤飯をいただいたんですが、ととろさんが、

「今日はお肉とわさび?」

と、わけの分からん発作を起こしました。

なんかね、定期的に「お肉にわさび」をつけて食べたくなるクマがおるんだな(笑)
電車の吊り広告かなんかで見たとかで、久々に発作起きた( ̄▽ ̄)

「わさびは使うけどお肉じゃないよ」

とお刺身を出したら、お刺身には満足したもののちょっとがっかりしてたのでした(笑)

そんで今日はととろさんだけは乗っけずに別にしてわさびを出したんですが、

「おいしいけど、薄いお肉の方がよかった」

とかぬかしおる。

「薄いお肉にわさびを巻いて食べるのがおいしい」

って、難しいクマじゃのー(_△_)

ステーキより薄い牛肉の方が安いので、今度から切り落としにしてくれる(笑)

敬老の日孫の日

台風、当地ではあっという間に行ってしまいました。
朝起きたら、思った通りに晴れ。
あっちこっちで被害が出てるというのに、知らないうちに行ってしまったのは運がよかったと思います。
あっちこっちでまだ困ってらっしゃる方も早く落ち着きますように。
そしてこれ以上の被害が出ませんように。

そして今日は敬老の日。
と言っても、うちは休日じゃないっすけどねー( ̄▽ ̄)
3人共休みちゃうねん(笑)

んで、今日はお昼から妹といっちゃんが来まして、今日は敬老の日のごちそうに、お赤飯を買って、お刺身買って、それだけだったので何もすることなくて、いっちゃんと歌番組の特番なんぞを見てました。

「もうNEWS出てる?」
「いや、チャンネル変えたらGetWildが70位やったから狂喜乱舞したとこで前のことは分からんわ」
「あ、MyRevolution!やたーGetWildに続いててっちゃんの歌ー♪」
「これ友達が好き言うとった」
「あ、この人嫌いー」
「私もー」
「この人の歌も嫌いやけど1曲だけ好きなんある、でもファンはその歌だけは嫌いやねんて」
「へえ、そうなんや(笑)」
「この人太ったねえ」
「ほんまや、足がめっちゃふとなってる」
「この子はかわいいから好きー」
「ほんまやねえ」
「この人歌うまいと思う?」
「ううん、下手」
「やんなあ」
「ああ~売れへんもんやから親の歌で」
「下手なん?」
「うん、下手、聞いてみ」
「ほんまや下手や」
「この歌は好き、カラオケ言ったら歌う」
「この歌はいいよね~」
「NEWSまだかな~」
「どうかなあ」
「こういう歌舞伎町の裏通りで殴られて血を吐くようなタイプより白樺林で労咳で血を吐くようなタイプの方が好きだ」
「色の白い人が好き」
「松崎しげるは嫌い?」
「松崎しげるは大丈夫」

などと、勝手なことをいいつつ、金爆が爆破されるまで見てました(笑)

そして妹といっちゃんが帰った後、本日の敬老の日の夕食です。

ファイル 3145-1.jpg

「ハマチがしっかりしておいしい」

うん、ほんまにおいしかった。
お赤飯もふっくらしっかり、売ってるのはなかなかこういうおいしいのはなかったりするけど、当たりでした。

敬老の日だったけど、敬老できてたかどうか分からんですが、まあ今年も元気でこの日が迎えられておめでとうです(笑)

ピーちゃんといちじく

昨日はピーちゃんの命日でした。

お昼からふと思い出して、

「じゃあ時期やし、ピーちゃんが好きやったいちじくでも買うてきたろかなあ」

と言ってたら、たまたま配達が入ったので出たついでに買ってきました。

いちじくと言えば思い出す・・・

ピーちゃんがうちに来て初めての夏のことです。
今は産直スーパーになっているお店が当時は普通のスーパーでした。
学校から帰ってきて母親と一緒に買い物に行ったので、多分9月かな。
ピーちゃんがうちに来たのは7月でした。

買い物してたらいちじくがあったので、いちじく大好きな私が買ってと言ったら、

「まだ高いのに」

と言いながら、1パック6個ぐらい入ってるのを買ってくれました。

それを持って帰って食べながらピーちゃんに食べさせたら、これがもう大好物!
もっともっといくらでもくれくれ。
甘いしおいしいもんね~

その日はそれで終わったんですが、翌日学校から帰ってきたら、いちじくが2パック・・・

「ピーちゃんが好きやから・・・」

って、母ー!昨日私が食べたい言うた時はしぶしぶ買ってくれたのに、ピーちゃんだったらいきなり2パックかよー!(笑)

それからは、ピーちゃんのおかげで私もいちじくをいっぱい食べられる生活になったのでした(笑)

昨日は産直スーパーになかったのでスーパーで普通の値段で買ったけど、今は20個近く買って700円とか900円とかで売ってるので、しばしば箱ごと抱えて実家に行き(買い物したら実家に行くことの方が多いからね)父親に笑われてます(笑)

ととろさんは、

「そんなに好きならうちはええから一人で食べてええねんで~」

と言ってくれるので、ちょこちょこ一人で食べてますが、ととろさんが食べる時は写真のようにむいてあげることになってます(笑)

ファイル 3144-1.jpg

またトイレが詰まったー!

今日は土曜日です。

私は平日、大体5時40分に一度目を覚まします。
もう一回寝ることも多いですが(笑)

まあ、そんな感じなもので、最近ではアラームが鳴らなくても大体5時半頃に一度目を覚ますようになりました。

今朝もそうして目を覚まし、やはり5時半頃だったんですが、

「今日はこのまま7時まで寝られるわ~幸せ」

そう思ってもう一度寝ました。

ところが、6時20分頃に、ととろさんに起こされました・・・

「またトイレが詰まったの (ノ_・、) 」

ぬおー!またかー!
どんだけ流したんじゃーととろー!

「だから、あなたが起きてトイレと思って行かないように一度起こしたの」

らしい。

気配りはうれしいんだが、もうちょい寝たかった( ̄▽ ̄)

管理人さんは土曜日は休みなので、どうしようかなと考えてて、

「あれ、今日第三土曜日?」

第三土曜日は新聞とかの回収があるので管理人さんが出勤なのです。
ラッキー!

8時半になるのを待って、また借りに行き、すっぽんすっぽんして直った!
ふ、もう慣れたものね・・・

管理人さんにお礼を言いつつ話してたら、

「排水管の掃除してもらってますよね」

と言うので、排水管の掃除にトイレはないと言うと、

「トイレもしてくれたらええのにねえ」

って、いや、ほんま。

マンションの無料で色々やってくれるサービスがあるもので、

「こういうの、よかったら頼んでみてください」

前にも勧めてくれたな(笑)

前回は8月10日だったんですよ。

「毎月借りに来るのもあれやし、一度何か考えてみます」

と言ったんだが、

「いえいえ、いつでもどうぞ」

って、そんなずっと借りたくねー(笑)

う~ん、どうしようかな。
感覚的にはずっと奥の手が届かないようなところが狭くなってるとか、そういう感じだと思うのよねえ。

やっぱり一度プロに奥を掃除してもらった方がいいのかも知れないな。
ほんまに毎月だとかなわんです。

ページ移動