タグ別アーカイブ: 日本の心の歌

日本人の心の歌?

mixiを見てたら、つぶやきのお題で、

「30代で共感できなくなった歌詞」

というのがありました。

色々なご意見がありましたが、それを見ていて、ふと思い出した歌があります。

「神田川」

30代うんぬんじゃなく、実は子供の頃からこの歌の歌詞が好きじゃない(笑)

初めて聞いたのは子供の頃なんですが、子供心にひっかることがいっぱいありました。

これから色々いちゃもんつけますが、子供心に思ったことなので。
それと、この歌好きな方、ごめんなさい。
でもまあ、個人差ですからね?(笑)

貴方はもう忘れたかしら
赤い手拭いマフラーにして
二人で行った横町の風呂屋
一緒に出ようねって言ったのに
いつも私が待たされた
洗い髪が芯まで冷えて
小さな石鹸カタカタ鳴った
貴方は私の身体を抱いて
冷たいねって言ったのよ
若かったあの頃何も怖くなかった
ただ貴方の優しさが怖かった

これが1番ですね。

まず、

「手拭いマフラーにして行ったら帰りどうするん、使ったらぬれとうやんか」

ここ、まずひっかります。

そして、

「一緒に出ようって約束して、大体男の人の方がお風呂出るの早くない?」

これは、今になると、ととろさんは私よりお風呂長いので、まあそういう人もおるのでしょう。
個人差ですな。
ですが、子供の頃は、女性の方がお風呂長いと思ってたのでひっかかりました。

次、

「いつも待たされるん分かってたら、脱衣所とか待合室?で本でも読んで待っとったらええやん」

これは今でもそう思う。
その日、たまたまあっちが遅くなったらしょうがないけど、寒いのよね、この日?
手拭いマフラーにするほどなんでしょ?
だったらお風呂屋さんで待たせてもらえばええがな。

「いつも」ってほど常連さんなんやから、番台のおっちゃんやおばちゃんに「また遅いんですわ~待たせてくださいね」って待てばええやん。

それに、私だったら、男風呂に向かって、

「もう出とうよ~出る時言うてね~それまでフルーツ牛乳飲んで待っとうから~」

って、言って待ってるな、うん。

そして一緒に帰る。

まだまだあるよ。

「冷たいねって、おまえが待たせたんやー!」

でしょ?
「冷たいね」じゃなくて「ごめんね」ちゃうんか?

さらにある。

「やさしさが怖いって、こんな男のどこが優しいねん」

以上、1番における、子供の頃にこの歌を聞いた私のつっこみ、でした(笑)

2番もあるけど、まあしつこくなるから割愛\( ̄▽ ̄)/

大体フォークソングって時代的にか、音楽的にはさらっとしてそうで歌詞がねばっとしてて好きじゃない。

それからついでに演歌も結構苦手です。
これも歌によりますが。

ずっと昔、かの淡谷のり子先生が、

「着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編む必要ない」

って言ってるの聞いて、

「うんうん、分かる!」

と言ってしまったことがある(笑)

友人が、

「30代過ぎてくると演歌って日本人の心だなって思う、冬の日本海とか電車で通るとすごく分かる」

って言ってたので、

「そんなもんなんかな」

と思ってたが、まあ私には当てはまらなかったですねえ。

冬の荒波見たら物さびしいより、

「おお、めっちゃ波!映画のオープニングみたい、どっかーん!」

って、思う方なんで(笑)

それに、どっちかってと民謡の方が日本の心だと思うんですよ。
そもそも演歌ってそんなに歴史ないと思う。
戦後ですよね?
もっと古くから延々と歌い継がれてた民謡の方が日本人の心じゃない?

そして民謡って結構生命力あって強いよ。
こっちが日本の心の方がいいなあ、私は。

あ、でも、敬老会とかで絶対民謡とか民舞とかあるけど、私が敬老会に呼ばれて、もしも主賓とかだったら、1曲は私の好きな曲入れてほしいな。
「Get Wild」とか「Come on let’s Dance」とかで、動ける範囲で踊ってシャウトしたい。
ええやん、元気な年寄り(笑)