その他」カテゴリーアーカイブ

ちっちゃい一葉

昨日、店の用事で銀行へ行ったんですが、その時にあったことをちと思い出しました。

うちの店で使ってる銀行はのATM、小銭を100枚までしか入れられません。
他の金融機関はどうか分かりません。
そもそも店やってるとか小銭貯金してるとかでないとそんなに貯まらないしね。

んで、ですね、前は割とざらっと小銭まとめて1つの袋にっての多かったんですが、それはなんとかしてほしいと要望を出して今は100枚以下にまとめてくれてます。
たとえば100円200枚とかあったとしましょ?その時、一度「これぐらいかな」と思って入れたら「多いから返すね」って言われてじゃらじゃらすくい取らないといけない、なので100枚以下にまとめるように言ってそれ以来ずっときちんとやってくれてます。

「今日は100円が100枚と500円があるから2回やってもらわんと」

って言うので、こっちもそのつもりで行きました。

まずお札と100円玉100枚じゃらじゃら・・・
言いたくないけど、ここの銀行のATM、あまり優秀じゃない。
小銭入れたらそりゃもうじゃらじゃらじゃらじゃら、いっつまでも数えてて、終わった後もまだ中でじゃらじゃら言ってて次の取引になかなか取りかかれない。
つーか、通帳入れてもすぐ反応しない、ちょい鈍い。
普段、郵便局のATMをメインで使ってる私からするといらっとするぐらい。
もっとも、郵便局のは小銭入れるのに貯金箱みたいに入れないといけないから、それはそれでどうなの?とは思いますが。

話は戻りまして、そういうわけで2回やるつもりでは行ってたんです。
そしたらぺっと口開けてお札を返してくるんですよね。

取り出したら縮んだ樋口一葉です。
たまにあります。
間違えて洗濯しちゃったお札です。

念の為にもう一度それだけ入れてみたけどやっぱりぺっと返してくる。
仕方ないので自分の財布にたまたまあった一葉さんともう一つの小銭グループを入れて作業完了。
実家に帰りました。

帰ってそう言うと父親が、

「窓口行ってもらおとおもてたんや」

とか言うんですよね。

何も言わずに受け取ったら言い忘れかなと思うんですが、今日はその前に「2回やって」と言われてたので、それはなかろうと言いました。

そしたら、

「(お札が)かえってきたら窓口行ってくれるかとおもたんや」

と言いおった。

なので、そんなはずないやろ、ときつくではないが言いました。

だって、それやったら最初から窓口行ったら500枚だったか600枚だったか以下なら無料で入金してくれるんですよ。
入金伝票書かないといけませんが。
なんで一葉1人のためにそれ書いて窓口行く?
よしんば、そうしてほしかったとしても最初に言うておかんのは失礼やろ、とちょっと言って聞かせました。

「大体、そうやって後で付け加えたみたいにそういうこと言うから話がおかしくなる、忘れとっただけでいい」

と説教しておきました。

そうなんよなあ、大体そういうことでそれ言ってるのに人の話を聞かないから、私が大きい声を出すことになる。
血圧上がるしやめてほしいもんだ。

最近は買い物行っても現金の時は機械で自分で精算するお店が増えてます。
縮んだ一葉さんは父親に返してちゃんとしたのもらいました。
あれ、普通のお店で使えと言われても使えんかも知れんもんね。

申し訳ないが、私は実家のことや店のことするのに文字通り一銭ももらっておらんのに、使えないかも知れない五千円は抱えられないなあと思ったとの話でした。
次銀行行く時は窓口やな。

さりげに・・・

今日は病院の日でした。
今日は脳外科。
検査とかはもっと後ですが、診察日はもっと前でした。
忘れてた(^-^;)
 
そんで、予約取り直して薬だけもらいに行ったのでした。

ちょっとだけ遠く、ってほどではないけどいつもの行動範囲の外の病院だったので、行ったついでにそっち方向に足を伸ばし、某ディスカウントスーパーへ行ってみました。

なんでかと言いますと、魚売り場をちと見たかったのです。
ここと、正反対の方向の業務用スーパー、魚がなかなか充実しているのですよ。

行ってみたら他にもお買い得品が・・・
カップ麺や肉類、ちょっとまとめ買い!
それと白菜まるごと一個お買い上げ!
荷物めっちゃ増えた(笑)

白菜とカップ麺だけでカゴふさいでしまったので3つになってしまった。
ここはそういう人結構いるので3つぐらいになってる人もいないことないし大丈夫(何がだ)

「カゴ3つあります」

そう言ってレジを通してもらってたら私の後ろには高校生らしき男の子が。
カゴの中には唐揚げとおにぎりとかが入ってて、時間からもお昼ご飯かなと目の端でそう思ってました。

こっちはいっぱいなので申し訳ないなあと思いつつ、まあ順番だからしょうがない、そう思って会計(最近増えてきた機械でやるやつね)してたら、

「あ、そのカゴとちゃうよ」

と、レジの人がその子に言ったんですが、

「運んであげようと思って」

って、私のカゴ運んでくれたんですよーなんていい子なの!

このおばちゃんめっちゃ買うてるな、と思ってるだろうなと思ってたんですが、そういうことさりげにできるっていいですよね。

お礼を言っててんこ盛りの荷物を袋に詰めて、ほこほこした気持ちも詰めて買い物から帰りました。

節分の巻き寿司と赤川次郎

今年はいつもより1日早い節分の日、124年ぶりの2月2日の節分らしいですが、次の2月2日は4年後、しばらくは4年ごとに2月2日が節分の日が来るとか。
実際の地球の動きに合わすためとはいえ、もうちょいばらければいいのにね。

節分といえばここ何年ぐらいか?恵方巻、恵方巻と言って丑の日のうなぎぐらい言われてますが、元々は関西のイベントなんですよ、それが気づけばこんなことに。
丑の日と言えば、丑の日にうなぎも平賀源内が言い出した時はこんな感じだったのかも知れないなあ。

ですが私は子供の頃から「節分の巻き寿司」「節分の太巻き」を言ってたので恵方巻と呼ぶ気には今もなれないので巻き寿司でいきますよ。

それでですね、思い出すことがあります。
もうずっとずっと前、まだ私が仕事してた頃の話です。

友人が東京で編集の仕事をしてたんですが、職場にいきなり電話がかかってきてびっくりした。

話を聞いてみると、友人の友人で私も会ったことがある人が、当時、赤川次郎の担当をしていて、えらくかわいがられていたらしいのです。
取材旅行にも同行したりとか。
その友人の友人からうちの母親に電話してもいいか?と確認してきて、それで急ぐから職場にまでかけてきてたのでした。

なんでかと言いますと、

「関西では節分の日に巻き寿司を恵方を向いてまるかぶりする風習があるらしいが、その話を聞きたい」

と、赤川次郎さんが言ってきた、ということでした。

そのまだ前、友人がまだ関西にいた頃、大学の時だったと思いますが、一緒にあるアーティストのライブに行った日が節分だったので、うちの母親が、

「節分だから持って行って会場で食べなさい」

と、まるかぶりは無理だけど巻き寿司を2本、切って持たせてくれたのでした。

その巻き寿司を入口チェックで何かと聞かれて巻き寿司と答えたら、

「アーティストへの差し入れですか?」

と聞かれ、なんでやねんとなりました。

それを会場に入る前に食べてしまおうと階段途中にあったベンチ(そこしかなかった)で入場する人たちにじろじろと見られながら食べた、その話を赤川次郎の担当編集の人にしたらしい。
その人が「そう言えば友人の友人が関西で」とその話をしたら「面白いから聞きたい」とまた編集だったか秘書だったかなんだかの人を通してうちの友人、さらに私経由でうちの母親に取材電話がかかってきた、というわけです。

私は申し訳ないことに赤川次郎作品は今にいたるまで1本も読んだことがないんですが、作品の中か、もしくはエッセイにでも出てきていたら、その出どころはうちだということになります。
節分になると思い出す話でした。

うーん、実際に書いたのかなあ、どうかなあ。
当時は「へえ」で終わってたんですが、今になってどうだったか知りたくなってきてたりします。

もしかしてナイトスクープだったら調べてくれたりするんだろうか(笑)

まだ通じる

昨日でPHSが一応終わりました。

「順次停止」

って書いてあったんですが、昨日の夜中、目が覚めた時にいつも目覚まし代わりに使ってるガラケーを見てみたところ、もうメール受信できませんでした。

「ああこれは終わってるわ」

そう思ってもう一度寝て、朝、父親への定時連絡できるかなと思ってみたら、やっぱりもう使えなかった。

「これは医療用とかはまだ使えるってことかな」

と思って納得してました。

そして父親への定時連絡は新しいスマホでして、その後の用事もスマホからかけました。

それで父親から折り返し電話をもらうことになったんですが、その時に旧スマホ、ウイルコムの元祖スマホが鳴ったもんでΣ( ̄▽ ̄;) となりましたさ。

父親のPHSも使えなくなってて、携帯の方からかけてきた番号がまだ前のだったのです。
びっくりしたーまだ通じてたのか。

今日行って父親の携帯からの番号も新しいのにし、ついでに今まではほぼ妹からだけかかる用になってた携帯の着メロも変えておいた。
これでどっちからかかってくるか分かるだろう。

帰ってきてさっき試しに新スマホから旧スマホにかけてみたらまだかかった。
ガラケーは先に停止してスマホは後なのかな?
なんにしても旧スマホからはかけてないので問題なかろう。

いつぐらいまで使えるのかなあ。
毎日チェックしてみよっと。

PHS最後の日

の、はずです。

2日ほど前PHSにメールが来ました。

「ありがとうさようなら(あと2日)」

そういうタイトルで25年お世話になってありがとう、とのないようです。
うちは11年かな、使ってたの。
というか、ずっとPHS使いたかったのにどこぞの電話屋が「買い取るけど続けるからね」って言いながらやめることにしたくせにな~と思ってしまう部分もありますが、それでもやっぱりちょっとさびしい。

それと乗り換えてねって宣伝と、ついでに気になる一文が。

「2月1日(月)から通信通話を含むすべてのサービスが順次停止」

らしいのです。

そんでもって、

「順次停止のため、回線ごとにタイミングが異なります」

らしい。

ってことは、明日もうちの数台のPHSはまだ使えるのか?

ととろさんが、

「使ってみない方がいいんじゃない?」

ってことなんですが、使えてるうちと使えないようになってるのってどこがどう違うのかは気になってます。

これまでは定時連絡は私のガラケーから父親のガラケーにしてたんですが、明日の朝からはスマホから父親の携帯になるんだなあ。
多分。

でんわおかいにいってきました

そういうことです( ̄▽ ̄)

10年前から使ってたPHSの元祖スマホとガラケー、どれも明日で使えなくなります。
長いことありがとう。

んで、ですね、ちょっと前にととろさんが一足先に電話を買い替えました。
そんで今日、私のを買いに行ってきました。

本当は一緒に買う予定だったのですが、ちょっと色々ありまして、主に多分わいもばとかいう会社が意味不明だったのが原因だとは思うのですが、うちももっと早く動いてたらもしかしたらあまり影響なかったのかも知れんが今更そんなことどーでもいい、なことなので詳しくは書きません。

んでですね、これもまあ色々あったんですが、とりあえず電話番号がちょっとだけ変わります。
ととろさんのは変えなかったんですが、色々考えて、ギリギリ考え変えて変えることにしました。
お友達や親戚には変わったよーでいいと思うんですが、その他もろもろ携帯の番号で登録してるやつとかどうしよ、とちょっとだけめんどくさく思っております。

まあとりあえず明日まで使えるPHSのガラケーで明日のとーちゃんとの定時連絡とかやって、PHS最終日を見送ってから電話が新しくなると思います。
他にも色々変わりそうなんですが、とりあえずどれもいい方向で変わりそうなのでまあいいか。

まじまんじ

今朝、起きたらちょっとしんどかったです。

私は風邪をひくときは鼻か背中からひくという感じ。
少し前にもありましたが、背中から肩が寒い。
鼻もちょっとぐずぐずして鼻声な感じ。

「そう言えば昨夜は1時間おきぐらいに目が覚めてた」

そうなのです。
目が覚めて何時かなと携帯(アラーム代わりと親父定時連絡に使うガラケー)を見てみたら、大体1時間ぐらいずつで目が覚めてる。

「それでしんどいんかなあ、風邪ひかんように気をつけんと」

そう言ったらととろさんが、

「昨夜も大の字にに寝てから」

と、いつものように嘘を言う。

「いや、昨夜は大の字なんてじゃなかった、大の字になってるよって声かけたら手足曲げて卍みたいになってた」

とかさらに嘘に嘘を重ねる。

「嘘ばっかりー」
「いや、ほんま、なんで今さらまじまんじ?女子高生のブーム追いかけてる?って思った」

と言った上にさらにさらに、

「サボテンダーみたいになってた」

って、なってないわー!

まあ、ととろさんの大の字嘘は置いといて、誰が卍やねん。

とにかく昨夜はそんな感じで眠りが浅かったらしいのと、ちょっと背中寒いので今日は実家行ってもできるだけさぼろう。
お昼はお鍋の残りを店の冷蔵庫に入れてるからあれにご飯入れておじやにして、晩ご飯はまたお弁当でも買うかな。

今は着る毛布着てこれ書いてます。

日本製は強い

今、また結構髪の毛が長くなってます。
背中の真ん中あたりかなあ。

そういうわけで、色んな形で縛ってます。
用事するのにそのままじゃ邪魔になりますからね。

その時に「シリコンゴム」を使ってます。
普通のゴムよりつるっとして髪の毛に絡まりにくいし、細いのでバレッタつけたりする時にも邪魔にならない。

それでですね、前に使ってたシリコンゴムは100均で買った中国製のやつだったのです。
それがよく切れてしまってそのへんに落ちたりするのでととろさんがちょっと嫌がってたんですよね。

「また落ちてるよ。普通のゴムにしたら」

そう言われるけど使い勝手がいいのでなかなかそういう気にならない。
そして前回使い切ったので、嫌がるクマがいるしなとしばらく普通の髪ゴムにしてたんですが、やっぱりシリコンのがいいと思いました。

それで、これももうかなーり前になるんですが、100均じゃないお店で税抜で198円とかそういう感じだったんですが買ってみました。
その時100均になかなか寄れなかったのでドラッグストアで通りがかりに買ったんですよ。

そのゴムが日本製でした。
中国製はできるだけ買わないようにしてるので、値段にしたら倍だなと思ったけど買ってみました。

その日本製のシリコンゴムが、まあ強い強い。
切れないのよ。

どうせすぐ切れるだろうと、次に100均行った時にまた日本製のを見つけたのでそっちも買ってバッグに入れるようにしました。
実家行った時とかに必要になることもあるのでまあいいだろうと思って。

そしたらその100均の日本製のシリコンゴムも、まあ強い強い。
切れないのよ。

今、2本をつないで8の字のようにして二重にとめてるんですが、全然切れない。
正直、こんな商売の仕方で大丈夫なんか日本の企業?と思うぐらい強い。
今、これ書きながらつけてるやつ、もう何日つけてるか分かりません。
中国製のはそりゃもうしょっちゅう切れてそのへんに飛んでましたけど。

あまりに強いので髪以外にも何かまとめるのとかに使ってますが、普通のゴムみたいにねっちゃりならないし、平面だしで便利です。

でもね、何回も言うけど、こんだけ安くてこんな丈夫なの作っちゃだめよ、次に買えないじゃない(笑)

製品には非常に満足してるのですが、違う意味で心配なのでちょっと不満です(笑)

感じのいい人

先週の金曜日に郵便局の郵便窓口に行きました。

行ったら、いつものすごく感じのいい郵便局員さんがいらっしゃいました。

優しい感じの女性なんですが、いつ行ってもニコニコして、ととろさんや父親に、

「郵便局の窓口、今日はあの感じのいい人やった」

と言うぐらいの方なんですよ。

他の方が悪いというわけではないんですが、本当に行くと癒やされるって感じです。

その方に郵便を出して処理してもらってたら、

「長い間お世話になったんですが今月いっぱいでやめることになりました」

と言われてびっくり。

民営になったから今はどうか分かりませんが、前は定年は3月いっぱい勤めてたはず、もしかしたら有給消化とかあるにしても早すぎないかい?そう思いました。

「体ね、もうもたなくて」

って。

どこか悪くしてる風でもないけどって思ってたら、

「よくお世話になってた方を見かけたら、今から挨拶だけさせていただいてるんです」

と、やっぱりにこやかに挨拶してくださいました。

そうよね、郵便局ってそんなに行かんもんね。
私もお元気でって挨拶をして郵便局を出、買い物して実家に行きました。

そしてその話をしたら、父親のお友達のHさんが同じことを言ってたらしい。

「郵便局の感じのいい人がやめる」

って、やっぱりみんなそう思うんやなあ。

そしてさすがにHさんで、なんでやめるのかも聞いてた。
どうも介護でやめるとか。
そうか、大変だなと思ってました。

そしたら今日、また郵便局に行く用事ができて行ったらまたお会いできました。

また会えましたって言いながら、

「お知り合いの方も感じのいい方がやめるって父親に言ってて」

との話から聞いてみるとどうもご家族に病人が出られたとのことでした。

またにこやかに挨拶して郵便局を出ましたが、元気でがんばってくださったらいいなあ。
ずっと笑顔でいてくださいますように。

90VS96

今日、お客さんのお宅に集金に伺いました。

行ってみたらご主人も奥さんもいらっしゃらない。
出直しかなあと思ったら、おばあちゃんが出て来てくれました。

ここのおばあちゃんは奥さんのお母さんで、すでに90歳を超えてらっしゃいます。

奥の部屋から出てきてくれて、集金がいくらかと聞かれたのでいくらいくらと答えたら、お金を持ってきてくれて集金ができました。

「ごめんねぇ、明日からショートステイに行くからこんなに汚くしてて」

って謝ってくださったんですが、正直行ってうちよりきれい(笑)

そして距離を取ってですが、少しお話をしました。

まずうちの父親が元気か聞いてくれたので、足腰が弱ってあまり外に出てないが元気で店にいると言ったら、

「最近お見かけしないのでどうかと思ったけどお元気で良かった」

と、心配されてしまってた(笑)

それで年齢の話になり、父親が今年で90になると言ったら、

「ええっ、そんなに?うちの○○(ご主人のこと)は今年で80になるけど同じぐらいかと思ってた、お若い」

とびっくりしてくれた。

それで改めておばあちゃんの年齢を聞いてみたら、

「私は96になりますけど、そちらのお父さんの方がずっとお若い」

って、いやいや、おばあちゃん、腰こそ曲がってるけど耳も聞こえてるし話もしっかりしてらっしゃるし、何より集金もちゃんとお金持ってきてしてくださるぐらい頭もしっかりしてる。

見てて励みになるし、これからもお元気でいてくださいと言って帰ってきました。

帰ってきて、父親をじっくり見たら、確かに今年90には見えん。
それですっかり忘れて偉そうにとか言うてしまうんよなあ。

それでそんな話をしたら、

「そやけどあのおばあちゃん、うちの前歩いとうで」

って、ええっ!と今度は私がびっくりした。

確かに今日もゆっくりだけど奥から往復で出てきてくれた。

「これはお父さん負けてられんで、がんばらな」

ってな話になりました。

今年のえべっさんからまた升を集め始めたんですが、全部揃える7年後、あのおばあちゃんぐらい元気でいてくれたらいいなあ。
そしてその年はおばあちゃんもう100超えてるけど、やっぱりお元気だったらもっといい。