」カテゴリーアーカイブ

チョコ準備おっけ

昨日の夜9時ちょっと前に荷物が届きました。

昨日は帰ってきて先にお風呂入ってて、もうパジャマだったのでととろさんに出てもらったら、いとこからみかんが来た!

本家じゃない方の女性のいとこです。
また来ると思ってなくてうれしくて、すぐにお礼の電話をしました。

私はもう歯磨きしてしまってたので、ととろさんに先に食べてと言って今日食べることにして仏さんに種類が違うみかんを2つ置いておきました。

今日、晩ご飯の後で食べよう、というか、ととろさんに味見してもらって食べられるようなら食べようと思ってたのに失敗した。

「しまった、リンゴジュース飲んでしもた」

みかんを食べる時には先に甘いの食べたり飲んだりしたらあかんのです。
いつもだったらリンゴジュースなんて飲まないのに、今日に限って晩ご飯パンの時にジュース飲んでしもたがな。

「食べて酸っぱかったらリンゴジュース飲んだらいいんじゃない」

って言われたけど、だめ。

そもそもリンゴジュースに酸味がある。
その酸味のある甘みではとても足りない。

「酸っぱいから復活するにはチョコぐらいないとだめ」

ということで、チョコを1つ準備してととろさんがむいてくれるのを待つ。

「甘いと思うけど」

そう言ってくれて1房くれたので食べてみる。

「うん、いける」

酸味もあるけど甘いからいけそう。

もう1つもらって食べる。

「もう1つぐらいいけるかも」

そう言ってもう一つもらったけど、

「多分3つが限界」

なんていうのかな、甘くても酸味があるとだめなのです。
すごく甘かったんだけど、酸味もあったので蓄積で3つまでならなんとかいける。

多分もう1つ食べたらチョコ食べないと我慢できないという判定です。

最初にととろさんがむいてくれたのがデコポンで、次のは平べったくてオレンジが強くて、多分食べられそう。
なのでチョコ食べずに我慢して次のを待ってました。

「これはひよこが好きそう」

そう言った通り、私がめっちゃ好きなタイプ。

汁気があまりなくて、中の粒が1つずつはずれそうなやつ。
こういうタイプで甘みがあまりなくても酸味がなかったら食べられるのに、それにめっちゃ甘みがある。

「後のくれてもいいのよ」

と言って、残りをととろさんから強奪するぐらいおいしかった。

そうしたらととろさんが気が付きました。

「チョコ食べてたの?」

食べてません。
さすがにチョコ食べた後でみかんは食べられない。

「これは準備してた」

そう言ったら笑われた。

だって、最初のみかん3つでもう限界だったんですよ。
もしも次のも甘くてもそういう酸味のあるのだったら、すぐにチョコ食べないとダメージが大きいじゃない。

「チョコ、待機しなくてもよかったかも」

そのぐらい甘かったんですよ、2つ目のみかん。

ととろさんに笑われたし、チョコももったいなかったけど、むいてしまったので食べました。

チョコ、おいしかったんだが、あのみかんでフィニッシュして味を楽しみたかったかな。
次から準備してもむかずに置いておこうと思いました。

本日はブランチなり

今朝は早くから起きてテレビを見てたんですが、

「今日はもう朝ご飯ええか」

という気分になりました。

お腹は空いてたけど、日曜日だしブランチにして2食でいいよな。

そしてブランチですが、

「卵とじ天丼」

というなかなかヘビーなものです。

昨日の夜、天ぷらをしたのです。
それを持って帰っておいてお昼に天丼に。

そして夜はサンドイッチ。
といっても、本格的じゃなくパン2枚にスライスして、そこにさっと野菜とツナ、ハムをはさんだだけ。

朝と夜逆みたいですが、お昼が重くて夜が軽いのでそれでいいのです。

でもやっぱり天丼ってブランチとはイメージ違うよね(笑)

池の鯉か!

ちょっと前からちょこちょことクッキーを焼いてます。

といっても、ぜんぜん手が込んだのじゃなく、ビニール袋に材料全部ぶちこんでこねて、それお切って焼くだけの基本の基本、粉っぽいクッキーです。
子供の頃、うちにガスオーブンが来て、レシピ本を見ながら母と初めて作ったのがこういうクッキーでした。

「ああいう粉っぽいクッキーが食べたいな」

そう思って色々買って食べてみたけど、そういうのないんですよ。
みんなミルクやバターたっぷりでふわっとして、みたいのばっかり。

そんで作って食べてみたら、

「こういうのが食べたかった、甘さもあまりなくて固くてレンガみたいなの」

と、今私が一番食べたいクッキーができました。

それから時間を見てちょこちょこと作ってるんですが、クマもえらく気に入ってしまった。

今日もお昼ご飯を食べた後、ちょちょっと作って焼き上がった。
それを冷ましてチャック付き袋に入れておいたら、触ってゴソゴソしたら口開けてこっち見るクマ・・・

「おまえは池の鯉か!」

そんな感じでいくつも口にほおりこまされたので、思わずそう言ってます。

試しにガサガサ音だけさせたら、

「だまされた」

って言うけど、いちいち反応すな(笑)

2日続けておすそ分け

昨日の朝、墓参りの後も用事で出かけてたんですが、そこにいつものHさんから電話が入りました。

すぐに出られなかったので、電話できる場所まで移動してから電話をしました。
父の祥月命日なのでお供えにとたい焼きを持ってきてくれてたんです。

「それから大根もおすそ分け」

帰ったら玄関の内側の植木のところに、たい焼きの箱と、小さい大根が4本入った袋が置いてありますた。

ありがとうございますのメッセージを送り、たい焼きはおいしくいただき、大根も早速食べました。

そしたら今朝、

「今日もおすそ分け」

と言って連続で来てくれました。

多分大根と同じ人からだと思うんですが、今度は大量のブロッコリー。
他の人にもおすそ分けしてきたらしいけど、それでもまだ行商の人ぐらいいっぱいあった。

「半分取って」

と言ってもらったので、遠慮なく山盛りにいただきました。

実は先週も同じぐらいいただいたんです。
それを食べ切って、ちょっとさびしく思っていたところにまたいただいた。

お昼から大量のブロッコリーを処理。
今回は一部生で冷凍してみました。

ブロッコリーってあの食感がいいんだと思いますが、イタリアとかはくたくたに煮て柔らかくしたのをパスタのソースに使うらしい。
冷凍したらくたっとなるだろうけど、やったことないからやってみます。

ごちそうさま!

庭造りみかん

今日、ご近所のおばさんからみかんをいただきました。

「うちでできたやつ、甘いよ」

見た目、なんだか普通のみかんとはちょっと違う。
どっちかというと色が薄く、少しすっぱそうに見えるんだが、甘いと保証つきだ。

お仏壇に1つ、ととろさんに2つ持って帰ってもう少し実家に残ってる。

「包丁で横に2つ切ってそれから4つに切ったら食べやすいよ」

って言ってたような気がするが、持って帰ってととろさんに手でむいてもらった。

「手だと固いな」

と言いながら2つとも手でむいてくれた。

さて、肝心のお味だが、

「甘い!」

みかんというよりオレンジっぽい甘さ。
私が好きな甘さのみかんだった。

「家でこれだけ甘いみかん作るなんてすごい」

とととろさんが感心してたけど、そこのおじさんは高齢者大学みたいなところで園芸を教えてるもうプロみたいな方です。
時々家庭菜園の野菜ももらうけど、売ってる野菜みたい。

「この種植えてたらみかんになるかな」

そう言って種を置いてるけど、成長して実が生るまで何年かかるねん(笑)

ブロッコリー熱い!

今日のお昼、ラーメンを食べました。

この間、スーパーで特売してたので買って、その日のお昼に食べたらととろさんが、

「いいなあ、ワンタンメン食べたいなあ」

そう言ったのを覚えてたので、今日のお昼はそれにすることにしました。

「エースコックのワンタンメン」

うちではインスタントラーメンというとこれが定番でした。
その特売があったらそりゃ買うでしょう、買う。

ととろさんも時々ラーメンは食べてますが、そういやしばらくワンタンメン切らしてたし、食べてないな。

それでお昼に作ったんですが、マンションの方にはあまり食材がなくて、ラーメンに入れて食べるような野菜がない。

「ブロッコリーでいいか」

先日いつものHさんにブロッコリーのおすそ分けをたくさんいただいたので、茹でて半分持ち帰ってたんです。
ブロッコリーはラーメンに入れたことないけど、多分おいしいだろう。

うちはラーメンはチャンポンメン以外は1人分ずつ作るので、まずととろさんのから作りました。

ととろさんは少し伸びたぐらいが好き、私は絶対伸びたら嫌なので。

完成して食べる時、何も思わずにまずブロッコリーを口にほおりこんで、思わず物が言えなくなった。

めちゃくちゃ熱い!
ブロッコリーって大抵茹でて冷めたのを食べるので、煮たらこんな熱いと思わなかったのよ!

茹でてる時に「もうできかな」ってつまんだりすることもあるけど、その時はふうふうしてから食べるけど、大抵が冷たいままで食べることが多いからうっかりしたわ!

口の中でブロッコリー転がしながら急いでお茶を飲みました。

なんというか、つぼみの部分全部にお湯が入ってて、それが口の中で広がったようです。

熱かった割に思ったよりやけどという感じにはならなかったけど、久しぶりに熱くて絶句した~

みなさん、ブロッコリーをラーメンに入れる時は気をつけてね!

ご飯が、炊けていません

今日は一人で実家に来ています。

「お昼にご飯炊かないと」

実家に来て、色々準備した時にお米もといでおきました。
これでお昼に炊き立てが食べられます。
夜はこれに何かおかず作って持って帰ればいいだろう。

寒いので店にすわって暖房入れて、そこでこしょこしょ作業をしてたら、ラジオが正午を告げました。
ご飯は正午にセットしたので、お昼ご飯にしようと台所に上がりました。

そして・・・

「はうあ!ご飯、炊けてない!」

なんということでしょう、お米をといで水を入れて、タイマーの時間を正午に合わせた後、炊飯スイッチを入れるのを忘れてたあ!
フタを開けたら中は水と米!

急いで「白米急速」スイッチを入れたけど、これを書いてる今、まだ炊けてません。

なんだろう。
色々やっててお昼過ぎてから食べることも多いのに、食べようと思って食べられないとものすごい空腹な気がするー

早く炊けないかな~

5つの可能性焼き飯

昨日、残りご飯をにらんでいて、

「明日焼き飯しよう」

と、思い立ちました。

それでととろさんに、

「何味の焼き飯がいい?」

と聞いてみる。

ととろさんに4本指を立ててあげていく。

「1:醤油味の焼き飯」
「2:ケチャップのチキンライス」
「3:ソース焼き飯」
「4:バターライス」

と、

「バターライス」

と速攻で返ってきた。

「本当にそれでいいの?」
「バターライス」
「第5の可能性焼き飯もあるかも知れんのに」
「第5の可能性?」
「そう、ひよこの新たな可能性焼き飯」
「新たな可能性って何味?」

聞かれたが、実は何も考えてなかった。

なので思いつきで、

「例えば酒かす味」
「バターライスで」

ということで、バターライスになりました。

ハム、玉ねぎ、ニンジンを細かく切って、それをバターで炒める。
味付けはコンソメ。
あっ、その前にスクランブルエッグを作っておいて、最後に混ぜる。
それだけですがおいしくできました。

昔、神戸の花隈にあったあるグリルで出していたバターライス、それがおいしくて、家でも作るようになったんですが、本当はピーマンが結構肝。
今日はなかったから入れなかったけど。

昼から天丼

土曜日の夜、久しぶりに天ぷらをしたのです。

おせち料理の材料の切れ端に、大葉と鶏むね肉を足してちょこっと天ぷら。
揚げ物はととろさんが実家に来ていて、そして少し時間がある時でないとできません。

いつもより種類も量も減らしてなので、割と早めにできました。
人数も減ったし、そうなるよね。

まあ、食べる量はそんなに減ってないから、今でも結構量はありますが。

揚げ物は揚げたてがおいしい。
そして今日はその残ったのでお昼に天丼です。
これも見越して最初から余分に上げてるんですよね。
揚げたてじゃなくてもおいしい食べ方でした。

おにぎり冷凍

ご飯を炊く時に余分に炊いて、1回分ずつ冷凍してたりします。
このところ消費するだけで備蓄がなくなったので、今日のお昼にちょっと余分に炊いてまた冷凍しておきました。

その時に、

「おにぎりも冷凍しておこう」

そう思って作ってみました。

炊きたてご飯に蕪の葉っぱを刻んで塩もみした「菜飯の素」と塩昆布を混ぜ混ぜして、4つほどおにぎりに。

うちのいつものおにぎりは俵型なんですが、今回は俵を平にしたような形にしておく。
これを冷凍しておけば、ちょっとお腹空いたなと思った時に、レンジで温めて食べることができる。

そういや冷凍のご飯って自然解凍ではあかんのよね。
もうずっと前に、ととろさんに冷凍したおにぎりそのまま持たせて、自然解凍でいいだろうと思ったら、ちゃんと戻ってなかったことがありました。
お米ってベータ化するから、一度レンジで加熱してアルファ化させておかないとそうなると初めて知った。
かわいそうなことをしたもんだ。

なのでおにぎりも食べる時チンです。
ととろさんにも教えておこう。
覚えてるかも知れないけどね。