家族」カテゴリーアーカイブ

狩りじゃないでしょ

今日、ととろさんと話をしてて、

「あ、それは兵長狩りに行った時に寄った◯◯スーパーで買った」

と言ったところ、

「狩りじゃないでしょ、兵長狩ったらかわいそうでしょ」

と言うもので、

「地下に行ったエルヴィンのつもりになればいいじゃない」

と返したところ、

「そういう時は壁外調査と言いなさい」

と言われて納得しました(笑)

なんだろうな、ととろさんのこういうところ、すごくいいと思います。
呆れずにちゃんとつきあってくれるところ(笑)

どんなしょうもないことでも、その人にとっては大事ってことあると思うんですよ、今回のそれもまたそうだなと思いました。

「いい年して何してる」

と、呆れられても怒られてもいいようなことしてるのに、面白がってそういうこと言ってくれるので、なんか安心してアホでいられます(笑)

よし、これからもがんばって壁外調査するぞ!
私には一緒に壁の外を調査してくれるお友達もいることですしね(笑)

みかんと炭酸

我が家には、

「ひよリース」

という飲み物があります、ととろさん命名です。

何かと言いますと、バヤリースと三ツ矢サイダーを割った飲み物。
私が子供の頃、母親が夏になると作ってくれてたのでした。

ある時、それをととろさんに言ったら、

「そんなんおいしいの?」

みたいに言うので作ってあげたら、最初は疑い深く見ていたととろさんがはまってしまい、

「これをひよリースと名付けよう」

とそうなりました。

それをUSJのハリーポッターのところで買ったバタービールのジョッキ、ととろさん曰く「魔法のコップ」に入れて飲むのがクマさんの楽しみとなってます(笑)

話は代わりまして、私もはまってるってわけではないですが、気に入ってる飲み物ができました。
炭酸水にレモンを絞って入れた「レモン炭酸」です。
甘味は入ってません。
ちょっとネットで見て作って見たらおいしかったので時々飲んでます。

それを見て甘党のととろさんはすご~く嫌そうな顔をします。
実際に飲ませてみたら首振っていやいやするぐらい嫌らしい。
でも私はおいしい。

それでととろさんが、

「みかんの甘いのを酸っぱいって食べないのにそんなん飲むのはおかしい」

と言い出した。

それでさらにこう言い出した。

「本当にみかんより酸っぱくないって言うならみかんを食べる間に飲んでみて」

と(笑)

そして今夜そんなことすっかり忘れてたら、

「はよはよ、レモン炭酸の用意」

って用意させられた(笑)

1個目のみかんは超甘かった。
私の好きな汁気が抜けて甘みだけ、みたいになったやつ。

そして2個目を味見した(甘くないと食べられないからね私)ととろさんが、

「これは実験にちょうどい甘さと酸っぱさ、さあ食べて飲んでデコポンに謝るんだ」

と、1粒くれました。

食べてみたら甘い。
うん、うちのいなかのデコポンやもん、甘いよ。
甘いねんけど、なんというか、合間に来る酸っぱさがね、あかんのー

見る見る酸っぱい顔になっていく私に、

「さあレモン炭酸を飲むんだ!」

と、勝ち誇るように言うクマの前で、レモン炭酸飲んでやりましたとも(笑)

「おかしい」

って言うけど、炭酸で割ってるからたとえコップ一杯にレモンが半分ほど入っていても酸っぱくないんだってば。

なんでしょうねえ?
確かにみかんはめっちゃ甘いのです。
でも甘いプラス酸っぱいになるとあかんのよ、私。

それにととろさんはいやいやするけど、レモン炭酸、そんな酸っぱくないって。
ただ、泡の部分はなめたらめっちゃ酸っぱいです。
あれも不思議。

ということで、これからもととろさんは「ひよリース」を飲み、私は「レモン炭酸」を飲んでいくんだろうな。
チョコもととろさんはホワイトで私はできればカカオ75パーセント以上。

ずっと両親を「味の趣味の合わん夫婦だ」と思ってたけど、うちもそうやったわ(笑)

焼き立てたまごはおいしいよ

今夜は豆ご飯で写真のようになりました。

20200309a

豆ご飯にはだし巻きが欠かせない!
帰って焼くのが面倒なので大きい大きいだし巻きを焼いて、ととろさんの分を一人前持って帰りました。
だし巻きって冷めてもおいしいし、ととろさんは猫舌だしね。

帰ってととろさんの晩ごはんをしたら、おいしいおいしいと食べてしまいました。

「豆ご飯おかわりする?」

と聞いたら、

「食べ過ぎるし、玉子もないし・・・」

と言うので、

「豆ご飯は豆ご飯だけでもおいしいやん、それに豆ご飯はおかわりしても正義!」

と、すすめたんですが、やり取りしてる間に分かってきた・・・

「だし巻き、ほしいんやね」

いいよ、とか言うけど、食べたいんだなと思って追加で焼きました。

正直めんどくさい(笑)
めんどくさいから焼いて持って帰ってるわけですよ。
でも焼き立てもおいしいからねえ、いっつも我慢してくれてるのに、できる時ぐらい焼いてもバチは当たらん。

出したら、

「熱い!」

そりゃそうや、と笑ったんですが、いつも冷めたの食べてるからなあ。

「焼き立て、ふわふわでおいしい」

と、おかわり食べてるの見て申し訳なく思いました。

「焼き立てと冷めたのどっちがおいしい?」

と聞いたら、ちょっと考えて、

「焼き立てもおいしいよ、でも冷めたのもおいしい」

って言うけど、そりゃ焼き立ての方がおいしいよなあ。

お弁当の卵焼きがおいしいもので、ついついととろさんには甘えて持って帰ってしまう。
ちょっと反省しました。
色々我慢してくれてるんやろなあ。
しんどくない時ぐらい、帰って玉子焼くか~

たもつくん

今朝、ととろさんがダイニングのテーブルの上を見るなり、

「ああっ!」

と、声をあげました。

私には心当たりがあった。

「デコポンカビてた?」

昨日の夕飯後、いなかから送ってきてくれたデコポンを食べて、残りをテーブルの上に置いてあったのです。
部屋が温かいから一晩でカビが出たらしい。

「昨夜はなんともなかったのに」

と嘆くので、

「部屋温かったからねえ」

と言ったら、

「たもつくんが!」

って、誰、それΣ( ̄▽ ̄;)

「たもつくんって誰?」

と聞いたら、

「この子でしょう」

って、デコポンの名前らしい。

「なんでたもつくん?」

と聞いたら、

「あなたは、なぜ自分がひよこかと考えたことがあるのか?」

と意味不明な回答があったので、

「なんでたもつくん?」

と聞いたら、

「それは親に聞かないと」

って、あんたがつけたんちゃうんかい!(笑)

「ほんならこっちの子は?」

と、他のデコポンを指さしたら、

「その子はまだ心を開いてくれてないから」

って、たもつくんは自分で名乗ったんかい!(笑)

なんか、すごいツボってしまって笑ってたら、

「何がおかしいの」

って言うけど、おかしいやろがー(笑)

しばらく震えながら笑いながら朝ご飯の準備しました(笑)

その後、バナナがあるのに気づいて出して、

「この子達はなんて名前?」

と聞いたら、

「バナナは秘密主義やからなあ」

って(笑)

さて、カビが出た「たもつくん」ですが、患部を切り取ってラップしておきました。
何しろみかんはお風呂に入る前にしか食べないらしいので。

「たもつくん手術終わった」

うん、夜おいしくいただいてあげてね(笑)

クマネズミのジレンマ

昨日、ととろさんが散髪をしました。

少し前から行きたい行きたいと言いながら、なんか風邪気味とか色々あってととろさんにしては結構伸びたぐらいまで伸びてた状態だったみたい。
私から見たらまだまだ短いけどね。

「今回はちょっと短めにしていい?」

と、かなり坊主君に近い感じに短くなってます。

そうしたら今朝、こんなことを言い出した。

「この髪型はさっぱりしていいんだけど、一つだけ難点がある」

んだそうだ。

「上を向いたらチクチクと自分に刺さる」

んだそうだ(笑)

触ったら気持ちいいんだけどね、刈り上げ。
あまりに短いと上向いた時に短い髪が自分の首に刺さるらしい(笑)

「これをハリネズミのジレンマと言う」

って、それは違うから(笑)

一応説明しておきますと「ハリネズミのジレンマ」ってのはこんな感じ。

寒いハリネズミが2匹いて、温め合う為に抱き合おうとしたらお互いの針が刺さるから近づけない

「そんなら立ち上がって抱き合えばいいのに」

って意見も見たことあるけど、実際のハリネズミはどうしてるのかまでは分かりません。

「横は?」

と聞いたら、

「横は大丈夫、上だけ」

らしいので、あんまり上向かないようにするか、その時だけ我慢しよう。

刈り上げを触りながら、

「前髪は伸ばしてツーブロックにしてへいちょーみたいにすればいいのに」

と言ったら、

「ツーブロックって?」

と聞くので、

「髪を2つにこうして分け目がある髪型」

と言ったら、

「厚生労働大臣みたいな?」

って、それと一緒にすな(笑)

ほめられととろと冬至かぼちゃ

今朝、私は6時半頃から目が覚めてたんですが、エアコンのリモコンを持たずに寝てしまったので、しばらくお布団の中でゴロゴロとテレビを見てました。

少し遅くからのそのそ起き出し、とろとろと朝の支度をしてからととろさんを起こす。
休み前はどうしても夜更かしするクマがおるのです。

「何時頃寝たん?」

と聞いたら、

「1時頃には寝たよ、ほめられる?」

と(笑)

1時頃か、どうしたもんかなと考えてたんですが、私も0時半頃まで置きてたので、

「2時や3時とちゃうし、まあほめられるかな」

と、一応ほめておきました。

「できたら日付変わる前に寝ようね」

と言ったら、

「1時やけどととろさんほめられてええの?」

と聞くもんで、

「まあひよこも12時半やったし、よかろう」

ということになったら喜んでた(笑)

今日は冬至、お昼が一番短い日だから、まあいいだろう。
何がええか分からんが。

そして冬至なので晩ご飯はかぼちゃです。

・かぼちゃの煮つけ
・ブリの照り焼き
・牛肉の佃煮
・きんぴらごぼう
・菜飯

昨日から今日のとーちゃんのご飯も含めて作ってあったので、それを温めて食べるだけです。
今日はかぼちゃが主役なのでいっぱい炊いておきました。

ととろさんより一足先に食べ終わり、自分の食器を持って行ったりごそごそして戻ったら、かぼちゃがほとんど食べつくされている。
ととろさんはかぼちゃの煮付けはデザート待遇で後で食べるのです。

「ほとんど」ですが、残ってるのはほぼ皮の部分だけ。

「なんで皮だけ残してあるん」

と言ったら、

「全部食べたら食べ過ぎかなと思って」

って、身はついてるけどほぼ皮だけ残すな(笑)

しょうがないので私が食べてしまおうと思ったら、

「少し手伝うよ」

って、食べ過ぎたんちゃうんかい!(笑)

ってことで、ほめられたととろさんはかぼちゃもきちんと残さずきれいに食べて、後はゆず湯に入って寝るだけになりました。
平穏無事な冬至でよかったね(笑)

待ち伏せととろ

今日は父親の病院の日でした。
買い物してから実家に行き、1時前ぐらいから送って行きます。

実家に着いてから、ふと思いついたことがあってととろさんに電話をしました。
今日はととろさんが散歩に出ると行ってたので、ちょっと必要になったものを持って来てくれないかな、と思ったのでした。

必要になったものって大根とネギです。
実家に着いてからメニュー変更を思いつきました。
実家にもご近所さんにいただいた大根があるんですが、使いかけから使いたいかな、と聞いてみたら来てくれるって(笑)

父親を送って行き、戻って大根以外の材料を切ってたら来てくれて、父親が行った病院方向へ散歩へ出発しました。

位置関係としてはこんな感じです。

実家(550m)マンション(600m)スーパー(150m)病院

病院の方まで散歩するって言ってたので、実家までの往復1.1キロほど長くなる計算です。

ととろさんが出発して、本当にすぐぐらいに父親からお迎えコールがかかってきました。
戸締まりして出発したら、ちょうどスーパーの駐車場入口あたりを病院方向に向かって歩いているととろさんを見かけました。

「ちょうど同じぐらいに着くかなあ」

時間的に散歩の時間と一緒なので、のぞいたら待合室にいるかもと言ってたんですよ。
追い越して病院のお隣の薬局に車を停め、降りたらちょうど病院の入り口あたり来たととろさんがこっちにも気づきました。

一緒に病院の待合室に行き、私は父親から処方箋を受け取って薬局へ、薬をもらってまた病院の前に車をつけ直して父親を乗せて実家へ。
ととろさんは歩いてマンションへ帰宅。

夕方、帰ってからととろさんが、

「薬局の前で待ち伏せしてたの?」

と聞くので、全くの偶然だと説明しました。

「病院まで行ってのぞいてお父さんがおらんかったら不審な人になるから、のぞくのどうしよかなと思ってたらおったから」

って、ちょうどよかった(笑)

たまたま時間的にそういうことになって面白かったです。
あんなに時間ぴったりになるなんてなあ。
うん、楽しい偶然だった。

タオルの気持ち

今朝、寝坊しました。

正確にはいつものように6時頃には目を覚ましてたんですが、お休みだし寒いしでテレビ見ながら二度寝してしまったのでした。
7時に父親に提示連絡した後、テレビ見ながら熟睡して、気がつけば8時過ぎてました。

「寝坊した」

と言ったら、同じように横でゴロゴロ寝てたととろさんが、

「疲れてるのよ、ゆっくり寝なさい」

と言うもので、

「そうはいかんわ、洗濯干したりもせなあかんし」

と返事をしました。

ととろさんが一足先に起き出したんですが、ふと見たら洗濯を持って来てくれてる。
最近、朝干す時にもタイマーを仕掛けておくことが多いのです。
その仕上がったのを持って来て、干しかけてくれました。

私も起きて朝ご飯の準備とかしてたんですが、その間にタオルを干していってくれてる(笑)
途中でご飯ができたので、そこで手を止めて一緒に朝ご飯。

朝食後、続きを干そうと思ったら、

「あら、裏向きに干してるのもある」

うるさいようですが、洗濯とかって私ルールがあるんですよ。
例えば干す順番。
丸いメリーゴーランドみたいのにタオルを干してるんですが、まず絶対毎日洗濯するタオルから干します。

実家のタオルをキッチン、洗面所、トイレと干し、次にうちのをキッチン、洗面所、トイレの順番に干す。
なぜかと言いますと、乾いたのを畳んで実家に持って行く時に、あっちこっちに干してたら取りにくいじゃないですか。
こうしておけばいつも同じ順番に畳んで重ねていけるのです。

その6枚の次は厚い順番に干していき、次が上の段。
正確にはこの間に服や下着を干すんですが、とりあえずタオル類の順番だけね。

上が分厚いランチョンマットから、そして食器拭き、台布巾、ハンカチ、実家の食器拭き、台布巾、という風に、こちらも順番が決まってる。
こちらが実家のが最初でない理由は、ランチョンマットが分厚くて乾きにくいからです。
外側の方が風が当たって乾きやすい。

そういう風に自分の中で順番が決まってるのですが、ととろさんが干してくれる時にはさすがにそういううるさいことは言いません。
でも、やっぱり裏側はちと気になる。

「どうしてタオルが裏向きになってるか、教えてあげようか」

そう言うので聞いてみました。

「それはね、タオルの声が聞こえたからよ、裏向きに干してって」

嘘つけー(笑)

まあ、そんなこんなで、干してくれた順番はもういいとして、裏側になったのだけはさすがに気になったので表返しました(笑)

私が疲れてると思ってタオル干してくれただけで、いいかな、うん、いいだろう(笑)

1本目の抜歯

今日は父親の抜歯の日でした。

米寿にして初抜歯、それにそのために薬を抜かないといけないのがあったりして、循環器の先生に薬の相談をしたりとちょっと色々大変でした。
大丈夫とは思ってても、お医者さんって絶対大丈夫、とは言わないですからねえ。

いつもは歯医者さんに行く時には送って行って戻り、終わってから迎えに行くんですが、今回は待合室で待たせてもらいました。
大丈夫とは思ってたけど、まあ心配だし。

終わってから先生が待合室まで出てきて、

「抜歯終わりましたから」

って言いに来てくれて、なんかドラマの手術の後とかみたいだった(笑)

今回は前歯の横の犬歯になるのかな、そこを抜きました。
元々、何年か前に縦に真っ二つに割れてしまったので、割れた部分をはずして銀で出来た部分差し歯?にしてたんですが、ちっちゃい根っ子の部分がだめになってきたからです。

とりあえず出血も止まったみたいだし、明日の朝、消毒に行って止血確認してもらったら、薬もまた飲み始められます。
ひとまずほっとしました。

ですが、実はもう1本抜かないといけません。
今度は奥歯、一番奥の歯ですが、これもまた真っ二つに割れてしまって抜かないといけなくなってる。

というか、よく言われる「8020運動」って、虫歯や歯周病で歯をなくさないようにってことですよね、歯が丈夫で、長年食いしばって割れてしまってな米寿は少なかろう。

「歯を食いしばるくせがあるのかも」

と先生に言われましたが、なんにしろもう80年も使ってきた歯ですからねえ、そういうこともあるだろう。

もう1本は薬をあまり続けて抜くこともよくないだろうし、ちょっと間を置いて抜くことになりました。
今度は奥歯なので今回よりちょっと手間なんだろうか?
次回もさっと終わるといいなあ。

そして今回分かったこと・・・

父親は上の親知らずが生えてなかった。
割れた歯が一番奥ということで、最初とーちゃんは「親知らずを抜く」みたいに言ったんですよね。
それで先生に話を聞きに行った時、レントゲンを見せてもらったら下は生えてるけど上は親知らずが生えてないと知りました。

親知らずって、進化した人は生えてないって言います。
そして私は上下とも、4本とも生えてます。
正確には、真横に生えてた下の2本を抜いたので生えてました、だな。

ということは、米寿のとーちゃんの方が私より進化してるってことやんか・・・
なんてこった・・・

前から歯の健康では親父に負けとると思ってましたが、そういう方向でも負けてるのかと愕然とした出来事でした(笑)

妹とおしゃべり

日曜日の夜、妹が実家に一人で泊まりに来ました。
最近はちびども(もう大きいけど)もそれぞれ用事ででかけたりして、それで一人で来ることが増えました。

日曜日のお昼に行って父親と一緒にお昼ご飯を食べて帰ってきて、妹は夕方に来て父親と一緒に夕ご飯食べて泊まり。
そして昨日の月曜日は夕方に帰ることに。

今回は甥っ子が車ででかけてて、日曜日に家を出るまでに戻れなかったので電車で来てました。
それで電車で来てる時ぐらい駅まで送って行こうと思い、帰る時間を聞いて3時半ぐらいに実家に行きました。
あ、ととろさんはお留守番ね(笑)

行ったら色々おしゃべりになるんですが、今回はやっぱりH本さんののど自慢の話とかになった(笑)

妹はその日用事で出かけてた、帰って録画を見たらしいんですが、ととろさんと私が映ってる画面を写真に撮って持って来てた。
なんでやねん(笑)

それと、少し遠いところに住んでる妹のお友達で、私もよく知ってる人がいるんですが、その人に言ってたら、テレビを見てうけて、話が盛り上がったそうな。

そういうことと、テレビドラマの話なんぞしてたら、とーちゃんがドラマの話に入れなくなるんですよね。
でもたまにのことだし、ついついそういう話になります。

4時になったので駅まで送って行き、帰りに買い物してから実家に戻ったら、私が帰ったのと同じぐらいに家に着いて電話してきた。
びっくりした!
いつも車で帰ったらもっと遅いのに。
駅からも歩いて帰るから時間かかるかなと思ってたのになあ、やっぱり車は混むとそうなりますな。

たまには電車もいいよね、送り迎えでまた話もできるしね。
そういう連休最終日でした。

私は、それまでは家で引きこもって、家では家でととろさんとおしゃべりばっかりしてたので、なんだかロシア民謡の「一週間」みたいだなと思った(笑)