家族」カテゴリーアーカイブ

タイムリーなお米

前にも書いたと思うんですが、どうやらうちに来るクロネコさんたちの間で、

「おい、あそこの家は朝の9時までにいくといるぞ」

ってな連絡網が回っているらしく、今朝も8時45分に来ました。

今日届いたのはお米です。
お母さんから届きました。

いつもは「お米送るね」って電話とかあってなんですが、今朝は不意打ちやったわ~

そんでですね、ちょうど今日でお米が切れるんだったんですよ。

お礼の電話をしてそこを強調しておきました。

「なくなったら言ってね」

って言ってくれるけど、わざわざ精米して送ってくれるのに、なくなったーって言えないですよ。

ととろさんは言えばいいって言うけど、これが実の親だとしてもやっぱりよう言わんです、そこまで厚かましいことは。

なので、お母さんが精米した時に半分送ってもらうようにしてるんですが、いやはやタイムリーやったわ~

早速今日、帰ってきてからうちに置くのを5合ずつ小分けしていくつか冷蔵庫の野菜室に入れ、残りは明日実家に持って行くようにカートに入れておきました。

いつもありがとうございます。

緊急出動!

いつもは木曜日が定休日ですが、今週は今日、水曜日がお休みです。
というのは、父親の一年に一度の検診があるのが明日だからです。

それで家にいたわけですが、朝の電話の時には何も言ってなかった父親が、お昼の電話の時、

「ちょっとお腹の具合が悪くて食欲がない」

とか言い出すのです。

それで、お昼ご飯は抜くかも、みたいな言い方するので、仕方がないけど水分だけはとっておくようにと言って電話を切りました。

そして夕方、5時の定時連絡の時にどうかと聞いたら、どうも朝から何も食べてないらしいことが分かり、ちょっとびっくりしました。
だって、お昼抜こうかな、ぐらいに思ってたから。

今日置いてきたご飯でお腹の具合見て食べようかなというのがない、みたいな感じのことを言う。
色々と考えついたことを指示して、とにかく水分だけはとること、と言って一度電話を切りました。

そうして色々考えてたんですが、こりゃもう行くしかないなと思い、臨時出動です

実家との途中にある青いホットステーションでうどんの玉買って、ついでに蒸しパンとヨーグルトも買って実家へ行く。

なんか、しおしおと一人で台所に座ってた。
そんなしんどかったらなんで朝から言わんのか。

そうして、素うどん、本当にお出汁とうどんを柔らかく煮て、それを食べさせました。
お出汁全部飲んでたから、あれだけでも水分になるだろう。

それから販売機でアクエリアス買って、

「明日の朝までに全部飲むこと」

と、蒸しパンと買ってあった小さいあんぱんなんかをお盆に乗せ、アクエリもそこに置いてそばに置いておくようにして、他にも細かいことをして帰ってきました。

さっき、夜の定時連絡したらおうどん食べても大丈夫だったみたいなので、ちょっと安心しています。

元々、父親も少しお腹の具合が悪いとかになったら食べないとかする人なんですが、やっぱりなんも食べないってのはちょっと気になる。
明日もうどんかなあ。

リモコンを放せ!

ついさっきというか、今というかの出来事です。

ととろさんが、

「このアニメ凶悪で、こんな雰囲気で本当は怖い、気にならない?」

とか言ってきたのです。

そういや前にも言うてたなあ、と記憶の中を軽く探る。

なんでも、全然そう思えない日常ほわほわなかわいいアニメなのに、実はゾンビもの、ってのがあるらしく、それを気にならないかと私を誘ってくるのです。

そんで、さっき、お風呂上がって髪の毛乾かしながら洗濯ができるの待ってる間にも誘ってくるわけですよ。

「見たかったら見たら?」

と言ったら、

「一人で見たら夜中にトイレ行けなくなるでしょ?」

って、なんじゃそりゃ(笑)

そんで、洗濯ができたので干す作業にかかっていたら、それをかけてくるんですよ。

「私は洗濯干しとうし、そんなじっくり見られへんよ、どうせなら髪の毛乾かしてる時にかければよかったのに」

と言ったんですが、

「1話だけでも」

と、かけてきた。

その時にですね、

「怖かったらすぐ消せるようにリモコンリモコン」

って(笑)

そんな怖かったら見るなよー!(笑)

それで私に、

「怖いよ、怖いよ」

って脅してくるから、

「そんなん怖くないよ、そこまで言うならいっそ一緒にヘルレイザー見ようぜ」

と誘ったんですが、そういうのは嫌みたい。

んで、見てたら、1話のほぼ終盤まで、いらっとするようなのんびり学園ライフ、みたいなので、主人公がこれまたイラッとするような、普通にそういうアニメだったら私は絶対に見んな、ってなアニメでした。

んで、1話の最後ぐらいにチラッとゾンビが出てきて、

「ああ、そういう設定か」

と、分かってきました。

「このかわいい絵柄とゾンビが違いすぎて怖い」

っていうけど、見た限りではそんなに怖いか?って感じでした。

あまりにゾンビ度が低かったので2話のオープニングを見て、

「ああ、ニトロやん」

って納得したな、うん。

ニトロプラス、まあ私も好きなゲーム会社?そういうのですわ。
「仮面ライダー鎧武」もそこの人が脚本書いてる。

一応2話まで見たけど、日企書くし、他にもしたいことあるし、寝たいしで背中向けてこれ書いてるけど、

「これこれ、これの実写がこれなの」
「これもこれも怖いの」
「怖いよ!怖いよ!怖いよ!」

って、うるさいうるさい。

言うとこがな、ホラーだのオカルトだのは私の方が何十倍も多分見てるので、そこまで怖くない。
そんで、他に見たいのあるから、自分一人で見なさい。
リモコン放してな、と思ったりしてます(笑)

おかあさんのカレー

ぴんぽんぴんぽ~ん♪

今朝、8時46分です、エントランスからののチャイムがなり、クロネコさんがやってきた。

やっぱり「あそこは早く行ったらおるで」って連絡網が回ってるな、うん、確信した。

それはそれとして、2回ほど慌てまくった経験から、いつ来てもいいようにもうちゃんとしてるもんね。
ってことで、慌てず騒がず、はんこを持って、マスクして待機。

そうしてると玄関からお知らせがあり、はいはいと出て受け取る。
いつも早くからご苦労さまです。

で、荷物は思った通り、栃木のおかあさんからです。
この季節、思った通りおかあさんが作った野菜。
ありがたいなあ、本当に。
ありがたいけど、送料かかるのにと思うと申し訳ないです。

で、ですね、実は今夜はカレーです。
その材料の半分以上はおかあさんが送ってくれたもので作ったので「おかあさんカレー」です。

おかあさんが送ってくれたお米、ジャガイモ、タマネギ、そしてらっきょ。
まだ半月なので浅いけど、ちょっと今年のらっきょも食べるぞ!

今朝はナス、キュウリ、ジャガイモ、ピーマンを送ってもらいました。
今度は「おかあさん何」を作ろうかな。

本当にいつもありがとう、おかあさん。

卑怯者扱い

時々、ととろさんは私に卑怯者扱いされます。
今日もされました・・・

そんな時、私はお風呂の扉をどんどん叩いて、ととろさんがシャワーを止めて水が外にこぼれなくなってから、思い切り扉を開けて、

「この卑怯者め!」

そう言ってドアを閉めてから帰ってきます。

ととろさんが卑怯者扱いされる時、それは、体重を量らずにお風呂に入った時です。

毎回、お風呂に入る前には洗面所についていって、体重測定してからお風呂に送るのです。
それが、たまに私がテレビを見てただとか、なんだとか理由をつけて、来ない間にお風呂に入ってしまう。
その時には卑怯者、と叫びに行くことになってます。

「なんで体重量りにくるの」

って言うから、

「私はね、あなたが卑怯者にならないように量りに行ってあげてるのよ!」

と、感謝してもらうまでが一セットです。

今日は卑怯者だったととろさん、明日は卑怯者にならずに済むかな?

あずきバーかい!

井村屋というお菓子屋さんがありますよね、そんでもってめっちゃ固い「あずきバー」なんてのを出してます。

最近、「あずきバー」と「ミルク金時バー」の箱入りを買っては冷凍室に入れてました。
一度浮気して他のメーカーのを買ったら、練乳好きのクマさんから物言いがついた。
そんで、今日、買い物に行ったら特売してたのでまた買って帰りました。

1箱6本入りです。
それで実家に「あずきバー」を2本置き、「ミルク金時バー」はそのまま持って帰り、箱から出して冷凍室の定位置に。

ととろさんが晩ご飯を終わった後、ととろさんは「ミルク金時バー」を、私は「あずきバー」を食べました。

食べ終わったらクマ、なんか物欲しそうな顔してる。

「欲しかったらもう1本食べたら」

と言ったら、

「久しぶりにあずきバー食べようかな」

とかぬかすのです!

「え、あずき?練乳ちゃうの?」
「あずきバー」

ええええええええ、こっちは親父とわけわけしとんのに、練乳あんまり好きちゃうから練乳は全部クマ用やのに、なのになのに「あずきバー」を食うだ、と?・・・

そうしてクマに1本食われた・・・

よし、今度買い物行ったら「あずきバー」だけ買って帰ってくれるわ!

みーちゃんがいない!

今日は勝手に決めてる半休の日でした。

火曜日の朝、目が覚めると、

「ああ、今日はお昼までゆっくり家でいられる」

という気持ちと、

「お休みではないんだなあ」

という気持ちの間でホッとしたりがっかりしたりします。

それでも、父親は気になりますしね、6時59分に電話して声を聞いてホッとして少しゆっくりできます。

それから朝ご飯食べたり片付けたりテレビも見て、大体9時頃にゴミ捨てに行って、それでお昼過ぎまでゆっくりできるなあ、と気持ちがゆったりできるのです。
ゴミ捨てってさりげにストレスだ・・・

そうしてたら10時半頃に父親から電話があり、配達が入ったと。
それでいつもよりちょっと早く、2時過ぎに家を出ました。

まず実家に着いて荷物を置き、それから荷物を積んで配達へ。
配達はあっという間なんですが、大抵そこの奥さんとちょっと話をします。
今日はコロナのワクチンの話でした。
うちの父親と同じぐらいに1回目を受け、やっぱり来週2回目を受けるとか。
今はどこ行ってもこの話になるなあ。

一度帰ってから買い物へ。
いつもだったら実家へ行く前に済ませて行くんですが、今日は配達があったからそっち先に済ませて、ちょっとゆっくり買い物しました。

父親の晩ご飯に何か焼き魚でもしようと思ったんですが、ないんだよなあ、いいのが・・・
今日は天然のハマチと塩鮭ぐらい。
「天然」っていい響きなんですが、最近のハマチやブリの天然は養殖に負けるのが多い。
今日も見てみていまいちだなあと思いました。

父親の希望は鯛だったんですが、ない・・・

それで電話してそれ伝えてどれがいいか聞こうと思ったんですが、

「ああっ、みーちゃんがいない!」

かばんのいつも入れてるところにいない。
そのポケットの底にはまってることがあるから、そこかなと思ったらそこにもいない。

「まさか、落とした・・・」

一瞬、血の気が引きました。
そしてよく考えた。

「あ、忘れてきた」

はあ、よかった、思い出したよ。
今日はパン屋さんにパン頼むかどうか考えてて、ギリギリまで置いておいて、明日以降にしようと思ってそのまま置いてきたんだった。

今日は実家にいる時間も少なく、ネットで調べたりすることもなかったので、まあいいかとみーちゃんと離れて過ごしました。

使わない時間も結構長いのに、なーんかいないと心配なんですよね。
これって依存症になる?
ずっと見てるわけじゃないけど、いつからか電話ってそれぐらいそばにいるのが当たり前になってるんだなあ、と、あらためて思いました。

帰ってきたらちゃんと賢くしてた。
明日からは忘れていかないからね。

毛刈り

「そろそろひよこ美容室開いてほしいなあ」

とかクマが言うので嫌そうにしてました( ̄▽ ̄)

「じゃあせめて毛刈りの準備ぐらいしなさい」

そう言って、

「充電してなかったらやらんからね」

と言っておいたら、今朝、

「あ!」

と言うなり飛び起きて、

「美容室の準備せな!」

と、充電セットしてました(笑)

ただ、もう古くて電池が弱ってるんでしょうねえ、朝から夕方まで充電してもなんとなく力弱い・・・

お風呂場に座らせて、さっさと一気に刈り上げて終わり!
終わったら掃除機で吸って終わり!
さあ、シャワー浴びろで終わり!

本人は、

「すっきりした」

とご機嫌ですが、これからしばらく、私は地蔵見るたびに、

「Σ( ̄▽ ̄;) 」

とびっくりする日々が続きます(笑)

用事があるかと聞いたはず

私は毎日、父親に定時連絡を入れてます。

実家に行く日と行かない日で回数は違いますが、朝一番と一日の終りの2回は時間を決めて絶対に電話します。

今朝も朝一番の電話を入れました。
その時に、絶対に聞くことがあります。

「体調は変わりない?今日は何か用事ある?」

この2つを聞きます。
他に言うこと、話題とかがあったらそれも話すこともありますが、会話というより定時連絡なので、無事と連絡事項で終わり、短い電話です。

で、今朝も聞いたら、体調も変わらず、用事もないと言われました。
それを聞いて、一日の大体のスケジュールとかを組み立てるわけです。

今日は用事がないと言うので、じゃあ買い物あそこ行って、ここ行って、出る時間はこれぐらいで、とゆるやかにですか決めました。

そうして朝が始まって、朝ご飯も食べ、片付け終わったのでゴミを集めて出しに行きました。
今は9時頃に出しに行くことが多く、今朝もそうでした。

帰ってきたらテレビでは9時のニュースをやってました。
それを聞きながら、ちょっと不備があって戻ってきた書類に抜けてた部分を書いて出そうとペンを握った途端、電話が鳴った。

今朝は充電してたので手元になく、急いで充電セットのある自作の棚へ走りました。

「はい、どうしたん?」

こうして電話をかけてくる時一番多いのは、

「急な注文が入ったので来る時に問屋に寄ってきてほしい」

か、

「○○がないのを忘れてたから買ってきてほしい」

です。

どっちかなと思って聞いたら、

「何って、病院やん」

へ?

「病院ってどこの?」
「○○病院やん」

言われて思い出した。

昨年の6月、高熱を出して「腎盂腎炎」というのをやって、

「もう少しで命に関わるところやった」

にも関わらず、夜に救急車を追い返し、結局は入院することになりました。

その関係で、少し遠い、少し大きい病院に三ヶ月に一度通うことになりました。
その日だったのをすっかり忘れてました。

まだ歯磨きもしてなかったので、急いで荷造りして歯磨きして身支度整えて家を飛び出す。

実家に着き、大雨の中、急いで車椅子を乗せ、父親の手を引いて車に乗せ、店を閉めて、玄関から回って出て(この手順を踏まないと店の鍵が内側からしか開け閉めできなくなっている)戸締まりして、車に乗って飛び出しました。

もしもね、父親も忘れてて「わしも忘れてた」って言ったら、それほど怒ることはなかったんですが、

「覚えてた」

って言うんですよ。

「ほんならなんで朝の電話の時に用事ない言うたん」

と聞いたら、

「覚えてると思ってた」

って、そんなはずなかろう?

だから毎朝、用事がないか、体調はどうかと聞いてるのに、と激おこになりました。

もしも、忘れてたあんたが悪いと言われても、それ、そこまで私の責任か?と、もう思うことにしました。

だってね、本当に今いっぱい、ギリギリで動いてる感じなんですよ、私。
先日も伯父さんの命日やお誕生日、自分の結婚記念日まで忘れそうなほど。
毎日毎日「今日はああしてこうして」って考えて、何してこれして、一日中そんな感じ。

行きの車の中で、

「そのぐらいのこと責任持ってくれないと困る」

と、話をしました。

今だって、あっちもこっちも用事全部私がやってる状態、その上に今一番日にち気をつけようと思ってるのは次回のワクチンの日、です。
はっきり言うが、自分の病院の日すら忘れるぐらいの日が続いてるんですよ。

そうして病院行って、無事に帰っては来ましたが、帰りの車の中でまた別問題で怒ることがあったもんで、今日は一日怒ってました。
怒って血圧上がって疲れた。

マリオットに帰りたい

今日、京都と大阪でラグジュアリーなホテルが日本初オープンした、とのニュースを見ました。

京都はフォションホテル、あの紅茶のフォションが作ったホテルで、大阪はWって私は聞いたことないんですが、なんでもマリオット系列らしいです。
どっちもスイートルーム100万円とか。

それで思い出した話があります。

新婚旅行には色々検討してプーケットを選びました。

私は次の海外はカンボジアにアンコール・ワットを見に行きたいと思ってたんですが、ととろさんが海外初めて、しかも新婚旅行にちょっとそれはかわいそうかな、と思ったのと、母親がね、私がエジプトやインドやに行って戻ったら、「今度はきれいなところに行ってほしい」と嘆いてまして、それもあってカンボジアは諦めたのでした。

かといって私の好みも入ったところと色々調べて、そんじゃタイだしプーケットなら新婚さんも行くしいいかなってことで決定。
ホテルも奮発してマリオットに泊まりました。

ととろさん、そりゃもう喜んだ喜んだ。
まるで夢のようにお目々キラキラで大喜びでしたよ。
部屋もすごくきれいだし、一応スイートみたいな感じだったしね。

象のサーカス行ったり色々して最後の一泊はバンコクに移動して1日観光の後機上の人となります。
そんだけなのでバンコクのホテルはまあビジネスホテルに毛が生えた程度のホテルでした。

観光はそのへんのおっちゃんのトゥクトゥクと交渉してバンコクぐるっと観光。
飛行機ギリギリまでアユタヤに足伸ばそうかなとしてた私ですが、ととろさんも「そんな遠くまで行かなくても」って嫌がったし、まあ市内ぐるぐるでいいか、とそうなりました。

観光の話は置いといて、そういうわけで翌日一日観光して夜の飛行機に乗るのにとりあえず泊まったようなホテル、マリオットとの差にととろさんが嘆く嘆く(笑)

何をぶつぶつ言ってるのかなと思ったら、小さい声で、

「マリオットに帰りたい・・・」

って、あんたの家ちゃうしな(笑)

そういうわけで、それ以来マリオットと聞くとそれ思い出して笑えるのでした(笑)

それからまだ一度も海外行ってないんですが、次行けるとしたらどこかなあ。
やっぱりまだカンボジア行きたいですけどね。