医療」カテゴリーアーカイブ

継ぎ足しが必要

今日はいつもの病院の日でした。

いつものだけどいつものじゃない。
今日から担当の先生が変わったからです。

いつもと同じく8時過ぎぐらいに行って、採血をしてもらいます。
その結果が出るのに時間がかかるので、早く行かないといけない。

採血の順番を座って待ってたら、前の席に座って待ってたおじいさんが、

「おーい」

と、誰かに声をかけて迎えに行きました。

どうやら奥さんみたいです。

その奥さんがですね、なんか不機嫌でおじいさんに偉そうに言うんですよ。

「違うやんか、◯◯の検査言うて入ってないやん!」

てな感じで、なんだか冊子みたいな物を見て、おじいさんがこの検査があるというのが違うと突っ込んでる。

このおばあさんがものすごく声が大きい。
なんとなくだけど、おそらく耳が悪いんじゃないかと思いました。
そのぐらい声が大きい。

おじいさんは見たままおじいさん、って感じなんですが、おばあさんの方はもうちょっと若い、おばさんからおばあさんって感じの人なんですが、声だけははりあげて大声でとにかく怒鳴ったみたいに話してる。

それにおじいさんが対抗するように、やっぱりキレ気味に話すのでうるさいのなんの。

そしてその内容がまたちょっと困ったな、みたいな感じでした。

おばあさんが採血の前に検尿があるとおじいさんに言って、採尿に一度は行ったんですが、戻ってきながらなんかもめてる。

「なんでちゃんとできひんの!」

おばあさんがおじいさんにそう言ったら、おじいさんが、

「出えへんもんしゃあないやろ、継ぎ足しせなあかんねんから!」

って、継ぎ足しってあんたΣ( ̄▽ ̄;)

これまでもそういう人何人か見たことあります。
検尿するのに出ないって言って、看護師さんにお水もらって飲んでた人とか。

けど、継ぎ足しってするの?
つまり置いてあるわけね、あの採尿カップを。

ええーと思いながら耳に入ってきたら、採血で呼ばれたので席を離れました。
そしてそのまま今度は内科の待合室に行って診察待ちです。

それでしばらくしたらまた聞こえてきたんです。

「なんで出えへんのよ!」
「知らんやないか!」
「なんでよ!」
「そやから継ぎ足しせんとあかん言うてるやろ!」

まだやってるんかーい!
ってか、あれから30分ぐらい経ってるんだが、まだ継ぎ足しできてへんのかーい!

そこの待合室は広いのと、待ってる場所が離れてたのでその先のことは分からないけど、ちゃんと継ぎ足せて、検査をしてもらえたのかどうか、それまでにもっとひどいけんかをしてないかどうかがちょっと気になってます(笑)

病院のはしごー

今日はととろさんの病院と、私の薬だけもらいに行く日になりました。

ととろさんの病院がどのぐらい時間がかかるか分からないので、薬は行けたら行こうぐらいだったんですが、えらい早いこと終わったがな、ととろ病院Σ( ̄▽ ̄;)

ちょっと離れた場所にある病院で、駐車場もないので、というか、隣接してる時間がし駐車場がなくなってしまったので、少し離れたショッピングセンターの駐車場に停めるようになりました。

「ちょっと早いけどええやろ」

と、8時45分ぐらいかな、9時からの診察なのでととろさんだけ病院前に降ろして私は車を停めに行きました。

すると、いつもだったらその時間はまだ4階の駐車場が空いてる時間なのに、なぜか4階は閉鎖していて5階に。
するとその時間なのにいっぱい!
6階まで上がらないといけないかなと思ったけど、なんとかスペースを見つけて駐車してとことこ歩いて病院へ。

着いたらもうととろさんは診察室に入って、出てくるところだった。
はやっ!(笑)

少し遅くなったらたったそのぐらいの診察時間のために、1時間も待つことになるから、スムーズにいけてよかったと思います。

おかげで私の脳外科も行けました。
次の検査までの間に薬が足りなくならないように、適当な時期に行くんですが、今週の金曜日までしか薬がなかったので、できたら今日一緒に行きたかったんですよね。
おかげさまでこちらもスムーズに終わって薬げっとー!

全部終わってよかったけど、病院をはしごするとやっぱり疲れるなあ。

流血!

昨日、妹一家が来てくれて見送って、夕方5時過ぎからご飯の準備してたら、今度はいとこが息子と一緒に来てくれました。

お墓が近くなんです。
今はもういとこの実家も片付けてお墓に来る時ぐらいだけど、夕方遅かったのでちょろっと話をしてお供えをいただいてお見送りしました。

いつもだったらいかなごを渡すのに、今年はこんなんだったからなあ。
一緒に来てた息子がいかなご大好物なんですよ。

ないものは仕方がないので見送って、ご飯食べて、ととろさんのご飯や今日のご飯とかを荷造りして、時間になったからさあ帰ろうかと思ったら、

「あれ、血が出てる」

右手親指の爪の下、お箸やらなんやらが当たって固くなった部分が裂けたらしくて血が盛り上がってる。

水絆創膏で貼り付けようと思ったら、もうかなり減ってて絞り出して少し固くなったのをなんとか貼り付けて乾かして終わり。

と、思ってたんですが、店閉めて上着着てさあ帰りましょうと思ったら、

「流血Σ( ̄▽ ̄;) 」

水絆創膏の外が固まってもまだ中があまり固まりきってなくて、さらにまだ血が出てたのが破れて爪の周囲に血が流れたみたいになってる。
パット見たらそこそこ流血してるみたいでちょっとびっくりする。

しかし、今までも似たようなことに何回もなってるので、

「そういうことだな」

と、私は慌てませんでした。

しかし水絆創膏はもうほとんどない。
帰りにドラッグストアに寄ろうかなと思ったけど、寒いしめんどくさい。

「ハイドロなんとかがあるからそれにするか」

帰って流血の指を見せたらととろさんがΣ(T□T;) ってなってたけど、大丈夫だから。

「ととろさんもコロスキンしてほしい」

って言うから見たら、

「こんなもん傷ちゃうわ」

ぐらいの少し切り傷。

まあ、そのぐらいなら使えるだろう。

自分の手は切って使うタイプのハイドロ絆創膏で治療して終わり。
今日見たらきちんと盛り上がってハイドロの仕事しとる。
これ見るのがおもしろいのよねこの絆創膏。

小さい部分だからこういうのが経済的。
大きい一枚ものも必要だろうけど、これと使い分けたらいいな。
治るときれいだしね。

転院しない

今日の11時に時間を取ってもらってこれまでの主治医に会ってきました。

まず行くまでが大変だ。

「駐車場いっぱいになるんじゃない」

ととろさんにそう言われてΣ( ̄▽ ̄;) となった。

そう、めっちゃ混むねんあそこの病院の駐車場。
いつもはすごく早くに行くのでつい忘れがちになる。
そして30分ぐらい余裕を持って行ったのに、ギリギリよりまだ遅れたぐらいに着きましたさ。
幸いにも駐車場の場所が結構早く見つけられたけど、下手したら3階まである駐車場をぐるぐる回るところさ。
2階の階段近くにたまたま空きが出たのでラッキーと思った。

先生が予約取ってくれてたのも11時半。
先生の枠はないので、他の先生の枠で予約取ってくれて、さらに診察室じゃないような場所で話をした。

検討した結果、新しい2人来る先生の1人にお世話になることにしました。
近くの病院も交代で来る先生だけらしいし、その先生に変わってそれから転院考えても遅くなかろう。

「これからは若い先生が来て1年か2年で変わるかも」

って言われたけど、そしたらその時にまた考えます。

結局今の先生は11年お世話になってたことにあらためてびっくり。
当時は若い女性の先生だーと思ってたけど、今はそこそこベテランさんになってる。
どこに移動されるのかと思ったら大阪だって。
それじゃあ先生に合わせてそっち行きますとも言えんですわ。

ということで、これからも8時頃から行くことになりそうですが、他のところで一からよりいいかなと思ってます。

お世話になりました、先生お元気で!

先生の転勤

日曜日から風邪っぽくって、喉が痛いし鼻詰まるしで、

「これぞ風邪」

な状態になってますが、月曜日は朝のうち役所に行ったり用事があって動かなくてはいけなかった。

昨日は比較的出る用事はなかったんですが、店でやる仕事はちらほら。
やっぱりしんどかったです。
ずっと飴なめてたら胃の具合もいまいちな気がしてきたし。

「これで病院はちときつい」

今日はいつもの時間がかかる内科の日だったんですが、木曜日も金曜日も用事があるし、できたら予約を変えてもらおうと病院に連絡しました。

すると、いつもと違って折返し電話してくれるということに。
待ってたら事務の人ではなく、先生から直に電話があったΣ( ̄▽ ̄;)

「実は今月で転勤するので」

って、なんですとー!Σ( ̄▽ ̄;)

それで今行ってる病院はちょっと普通の病院とは違うし、先生が受け持ってた患者さんはよその病院へ行くか、それとも続けてこっちに来るかの話をしてるんだそうです。

なんとか先生がいるうちに予約を取り直してと思ったけど、いっぱいでだめみたい。
かといってこの状態ではちょっと行くのしんどいし。
先生もその状態ではしんどうそうだと言ってくれるぐらい、すんごい鼻声だったのです。

それで薬だけはもらいにいかないと足りないので、明日、木曜日になんとか時間を取って少し話をしてもらうことになりました。
午後から用事があるんだが、また用事が詰め込まれることになってしまった。

だけどその分、今日はちょっと朝もゆっくりと9時頃まで寝てたらかなり楽になりました。
この状態でいつものように何時間も行ってたらひどくなってただろうな、仕方ない。

喉の痛みはほとんどなくなったし、後は治るのを待つだけですが、その治るまでに用事がつまってるのがなんちゅうタイミングだとは思います。

しかし、病院どうしようかなあ。
困ったなあ。

久々ブロック

今日はととろさんが巻爪の治療で「なぎら先生」のところへ行くと言うので、私も行くことにしました。

最近はそこまでひどくなかったのと、秋だったか「なぎら先生」の紹介で胆石の相談に行ったら手術前提でΣ( ̄▽ ̄;)となって以来行ってなかったです。
行ったら話しないとと思ってたけど、そこまでひどくなかったので。

ただ、薬がなくなったのでそんじゃ行っておくかとなりました。

店もあるし、少し遅くなるといっぱいになるからと8時ぐらいに家を出てととろさんを病院前に降ろして駐車場へ。
いつもだったらもう人がいるぐらいの時間なのに、なぜか今日は誰もいなくて1番に診てもらえました。

「胆石はどう」

と聞かれて一瞬「へ?」と思ったんですが、今のところ起きてませんと話して終わり。

この段階で胆石のこと、手術断ったことなんかを先生に言うということをすっかり忘れてしまってた。
後で思い出したけど、まあいいか(笑)

いつものようのブロック注射してもらったらやっぱりかなり右肩から右腕にかけてが楽になりました。

「全部やからなあ」

といつものように不敵な笑いを浮かべる「なぎら先生」ですが、右手は使うから仕方がない。

首筋から肘下ぐらいまで、何箇所も注射打ってもらった。
注射の後、ちょっとの間、右手に力が入りにくかったけど、おかげで軽くなりました。

右手親指も具合悪いので言ったら、そこは打つと結構痺れるらしくて打ってもらえなかった。

薬ももらって買い物してから実家に着いたら11時くらいだったかな。
今日は薬局の時間がかかったので少し遅くなった。

やっぱり定期的に行かないとだめかなあ。
ストレッチしたりして、結構ましにはなってるけど、やっぱり痛いのは痛いから。

「腕を休ませないと」

ってととろさんは言うけど、休められたら休めてるって。

病院出戻り

といっても、入院はしていませんぜ!

何かと言いますと、先週、予約していた内科の予約変更してもらったんです。
次は3月。
それまでの薬が足りないので、なくなるまでに取りに行かないと。

それで昨日の朝、取りに行ったんですが、

「薬もらうだけだし10時頃行けばいいな」

と気楽に思い、行ってみたら、

「うわっ、駐車場にずらっと並んでるΣ( ̄▽ ̄;)」

こんな状態。

つい忘れるんですよね。
いつも診察の時にはすごく早い時間に行くもので。

脳外科には診察の間に薬をもらいに行くことが多いんですが、いつも行ったらさっと出してもらえるので、ついその感覚になってしまう。

時間を見たら10時過ぎ。

「これは下手したらお昼過ぎそう」

そう思ったのでUターンしてそのまま実家へ行きました。
そして今日、早めに行くことにしたのです。

今日は9時過ぎに着いたんですが、1階、2階、屋上とある駐車場の2階が「満車」になってる。
と、見てたらすぐに1階も満車になりました
どういう仕組みで1階はなってないのか分からないけど、これはもう屋上に行くしか無いかな。
そう思って順番に並んで中に入ったら、なんと、目の前がすぐに空いた。
ラッキー!

で、薬は思ったより早くもらえました。
これも待たされることがあるのに、こっちもラッキーだったな。

薬局で薬を用意してもらってる間に買い物をして、薬もらって実家に行ったら11時ちょっと過ぎ。
うーむ、あの時間でもやっぱりこうなるか。

やっぱり病院は一度行くと半日仕事ですなあ。
でも薬ももらえてよかったよかった。

MRIの注意事項

今日は半年に一度の脳外科の検査の日です。
今回はMRI、というかほぼMRIです。
何回かに一回は造影CTになったりしますが。

結果は、

「変わりなし」

です。

つまり悪化してないからこのままいきましょか~ということで、一安心です。
良くはなるものではないので、まあ一生このままお付き合いできればラッキーというところですか。

ところでですね、MRIを受ける時に色々と注意事項があるわけで、

「◯◯してませんか」

と、前持って色々聞かれます。

一覧表にあるのをいくつか上げるとこんな感じ。

ペースメーカー、人工関節、脳クリップ、ヘアピン、エレキバン、タトゥー、などなど。

そういう金属的なのはよく分かってたんですが、今日、ふと気がついたのがこんなやつ。

「ヒートテック」

ええっ、なんで!
私はヒートテックじゃないけど、それと同じようなシャツを着てたので、どういうことか聞きました。
もしかしたら、繊維に練り込んである何かが問題なら、脱いだ方がいいんじゃないかと思ったので。

そしたら、

「素材はいいんですが、汗をかくとそれがよくないので。検査室が結構温かいですから」

って、そうなのか。

今まで、汗かいたらよくないなんて聞いたことがなかったです。
どうしようかと思ったんですが、ハイネックだし、あったか素材だし、脱ぐことにしました。
そうして無事検査は受けられた。

前からあんなのあったかなあ。
分からないけど、もしかしたら、汗かいて火傷シした人とかが出たのかも知れないなあ。

健康診断とぶつかると

今日はいつもの病院の日でした。

少しだけ、10分ほど出るのが遅れたんですが、病院に着いたらもう駐車場がいっぱいになってきててびっくり。
なんとか1階に停められたけど、もうちょっと遅かったら2階や3階になるところでした。

「ちょっと遅れただけでこんな状態とは」

そう思いながら病院へ。
病院の受付が開くのは8時なんですが、駐車場側からの入り口は8時15分まで開けなくなりました。
前はどっちも8時より前から開けてたんですが、コロナ時代になってからです。
それを知らずに行った時、寒いのに外で待たされて、こんなところで待ってたらそれこそ病気になってしまうと思い、それからはもっとギリギリに行くようになりました。
それでも8時過ぎには着いて、ぐるっと外をまわって表玄関まで行ってたんですが、今日はちょっとだけ遅くなったので駐車場側から入れたというわけです。

入ったら採血とかする検査室がもういっぱい。
なんでかなーと思ったら、呼ばれている人のことで理由が分かりました。

「健康診断の◯◯さん」

みたいに呼ばれてる。

普通は受付番号でしか呼ばれないのに、なんでかそういう人がちょこちょこと呼ばれてるんです。

たまにあるんですよね、集団検診みたいのとぶつかる日。
こんな日にうっかりすると、もうそりゃ長いこと待たされることになる。
初めてここに来た時に、確かそういうのとぶつかったのと、採血にそんなにいっぱい待つと思わず、診察予約時間に全然間に合わなかったことがあったっけ、と思いだしてました。

そういうわけで、採血には時間かかったけど、診察はほぼ時間通り。
採血結果が出るのに時間かかった分だけ、診察時間が遅れたって感じで済んだかな。
検査結果もよかったし、よかったよかった。

次回は年明けなので、先生に「良いお年を」と言って帰ってきました。

それでも、その後の会計もそこそこ時間がかかったし、薬局で薬もらって、その間に買い物してから実家に着いたら、もう正午ちょっと過ぎでした。

そうそう、先生と話をして、胆石の方の薬ももらいました。
まあ、すぐに手術をしないといけないというわけでもないし、薬が効く人もあるから、様子見てもいいのかなってなことです。

やれやれ、ホッとした。

切らない選択

今日は消化器内科に行って来ました。

これまで3回発作を起こしてる胆石のことで相談です。
普通に行ける病院ではないので、先日「なぎら先生」のところに行った時に、紹介してもらって予約もしてもらってました。
いつも内科でお世話になってる、おそらくこのあたりでは一番大きい病院だと思います。
だから紹介状とかないと行けないの。

行ってまず血液検査から。
いっぱい血を取られました。
まあ慣れてるし、ここはみんな採血うまいから問題ない。

そして初めてだと思ってた先生とお話しを。
これまでの経過を話したら、なんということでしょう、2回目に救急車で運ばれた時にお世話になった先生でした。

んで、

「手術のご希望ですよね」

って、誰がそんなことーΣ( ̄▽ ̄;)

どうやら「なぎら先生」がそういう紹介状を書いてくれてたらしい。
それで事務の人に色々聞かれた時にも同じこと言われたわ。

「いえ、できれば切りたくないんですけど」

と言ったら、根治は手術しかないと言われた。

んで、色々相談して、ちょっと飲み薬を飲んで、様子を見て、もしもまた発作が出たら手術を考えるということで話がつきました。

「なぎら先生」はもう切らせる気まんまんで、そういう紹介してくれたんだろうなあ。
紹介状頼むって言った時にも「外科やね」って言われたので「消化器内科で」って訂正したのに。

とりあえず1年様子を見て、発作が出なかったら切らない方向、出たら切る方向で考えようと思います。
手術するのも、年取ってからでは大変になるから、切るなら若いうちにということですし。
できれば切りたくないけどなあ。
手術しない人生と決めてるのに。