カテゴリー別アーカイブ: 医療

造影剤検査は大変か?

お彼岸の中日、秋分の日ですね。

お彼岸の話を書こうかなとも思ったんですが、昨日の検査の話の方が書きたいのでそっちにします(笑)

入院してる時に動脈から造影剤を入れて検査はしたことあるんですが、退院してからは初めてです。
両親や伯母さんの造影剤検査に付き添ったり見たりしてるから、まあ大体はやること分かってる。

「めんどくせーなー」

と、

「造影剤が体質に合わなくてしんどくなったらいやだなー」

ぐらいの気持ちで行きました。

検査の1時間前に病院に行き、採血して、その結果を見てから検査をします。

呼ばれて採血とかする部屋に行ったんですが、なんか、あまり経験がないのか「あせっ!あせっ!」みたいな感じの看護師さんでした。

「採血後に点滴の道を確保するために最初から献血の針を入れさせてもらっていいですか?」

と言うので、いいですよ、と了承。

座って採血する枕みたいなのに両方の腕を置いたら、

「今日は右の正中でと決められてますので」

というので、まあ右手のど真ん中が一番取りやすい血管ではあるので、そこでいいかなと思いました。

んでですね、一応、

「右手のここが一番太いんですが、なんか斜めに走ってて、このへんからこういう感じで皆さんやってくれてます」

と説明したんですが、あせあせ看護師さん、

「あ、そうですね、はい」

と言いながらも、

「あーこれですかね、採血だったらそれでいいんですが、点滴のはもっと長いので、この先まっすぐにあるのかなあ・・・」

って、なんか色々と不安になることいっぱい言うてくれるんだな、これが。

「ちょっと怖くなってきました」

と言ったら、

「あ、あ、すみません、不安にさせたらいけないんです、気分悪くなってもだめなので横になってもらいましょうか」

と、診察台に寝さされました。

それですんなり針入ればいいや、と思ってたんですが、予想通り入らない。

「あの、なんかそういうのに慣れてるような人とかいないのかな~」

的なことを、ちらっちらっと呼びかけていったら、

「あ、あ、そうですね、ちょっとうまい人探してきます!」

と、一度針を抜いてどこぞに行ってしまった。

そういうのも慣れてるので、やれやれと思いながら待ってたら、すぐに違う看護師さんが来て、

「あれ、看護師いませんでしたか?」

と聞くもので、

「点滴のうまい人を探しに行きました~(笑)」

みたいに言ったら、

「あ、もしかしたら探されてるかも」

と、結局この人がそうだったようで、やってもらうことになりました。

んで、割りとすんなり入った。
よかったよかった。

「右手の正中なので手を伸ばしたままでいてもらわないといけないんですが」

と言われたけど、なんか、そんなこともやったことあるわ、そういや。

ってことで、点滴の管っぽいのを貼り付けられた手を真っ直ぐ伸ばしたまま、待合室に移動しました。

「ちょっと場所を考えないと点滴の針(プラスチックかなんからしい)が当たると痛いな」

そう思って、工夫しながら手をあっち置いたりこっち置いたりしてたんですが、そのうち手の置き場がなくなってきた。

予測するに、例えば机の角っことかが足に当たってても、短い時間だったら痛くないでしょ?
それが、長い時間当たってると、段々と痛くなる。
なんか、そういう状態が血管内で起こってるような、そんな感じになってきた・・・

30分以上その形でいて、やっと検査室に呼ばれて移動しました。
それがまた1階から2階で、エレベーターに乗って移動。

やっと検査室に入れた時はもう、

「ああ、やっと検査してもらえる、とっととやってもらってとっととこれ抜いてほしい!」

状態でした。

んでね、そのまま台に横になるのかと思ったら、技師さんが、

「この検査着に着替えてください」

って、浴衣みたいの出してくる!Σ( ̄▽ ̄;)

「え、この状態で?」

思わず口から出しましたとも。

さらに、髪の毛を留めてるゴムやらシュシュやらピン留めやら、全部取らないといけない。
そうか、MRIじゃないからいいやと思ってたなが、CTもだめだったか。

着替えるのに四苦八苦、さらに髪のピンも、さっきの「あせあせ看護師」さんが手伝ってくれようとしてるんだが、気を使いすぎてるからか、よう抜かんのだよ!

さっともう自分で抜いたんだけど、腕時計だけは自分で外せない。
そりゃそうですよね、右手真っ直ぐ伸ばしたままだもの。

んで、またこの看護師さんが腕時計もなかなか外せない不器用さ・・・
横のボタンを押して、とやっと外してもらったんだけど、しょう~じき、かな~りいらっとしてました、ええ( ̄▽ ̄)

そうやってやっとこ検査の台に横になったのはいいんだが、手を置く台がない上にこの頃になると、もうどこに手をやっても血管内のどこぞに管が当たってるような、痛いってのとは違うんだが、なんと言うか、

「(シー♭のイメージで)なーーーーーーー!」

と叫びたいような、そういういらーっとした気持ちになってました、ええ。

手を置く台がないもので、体を縛るベルトで固定してもらってるんだけど、動かしてるつもりではなくてもちょっとでもずれると、なんぞ痛い!
おまけに、左手も一緒なので、なんか左手も動くとどこぞ痛い!

「なーーーーーーーー!」

心の中で何度も叫びましたとも、ええ!

実際に造影剤入れる時間は1回目が1分ほど、2回目が30秒ほどだったらしいんですが、待ち時間やら造影剤濃度が低くなるまでの待ち時間とか、何もかもが苦痛!

「はい、撮影終わりました、楽にしてくださいねー」

って言われても、楽にでけんー!なーなーなーなー!

右手が、血管がどうとかよりも、位置を固定するためになんか変な方向向いてたりするもんで、全体的に突っ張ってるのか何か、もうどこもかも、何もかもが辛い!痛い!意味分からん!
おまけに左手もくっついて影響あるもので、こっちも変な感じ!

右手から造影剤が入って体の中が熱くなってくるんですが、左手がめっちゃ熱く感じる!
多分意識の問題なんでしょうが、左手まで辛いー!なーなーなーなーーーー!

小一時間かかってやっと検査が終わり、

「はい、点滴はずれましたよ~」

と言ってくれたんだけど、全然すっきりしないしもうぐったり・・・

静脈炎とかならないかとか心配したけど、血管と言うより、なんか右手全体のあっちこっちが意味不明に苦痛です( ̄▽ ̄)

昨夜寝る時に湿布して寝たのでちょっとましかな、とは思うけど、一番しんどいのは肘の下の外側、血管と全然関係ないとこ(笑)

検査終わって買い物して実家に行って、その話をして父親に爆笑された頃には、

「よっしゃ、ネタになった!」

ぐらいの気持ちになってましたが、いや、ほんま辛かったのよ?(笑)

ととろさんに言ったら、

「早く検査がいらないようになろう」

って言われたけど、なかなかむずかしいと思う。

とりあえず、多分また何年後かには造影剤しようと言われると推測されるんですが、その時に血管問題をどうしてもらおう、どう言おうかを今から悩んでます。

そして結論・・・

「造影剤、点滴が普通に入る人にはなんも心配ない検査ですー!」

今夜から飲まないこと!

先月、造影剤検査のために一部薬を飲むのをやめるのを忘れてて、検査が延期になりました。

「その薬、今夜から飲んじゃだめー!」

そう、とうとうその時期が来たのです!

数日前からご飯を食べる席の横に検査の注意の紙を置いて、

「20日夕方からやな、よしよし」

とチェックしてチェックして、やっと今日になりました(笑)

その薬を飲んでると腎臓に影響が出るかもなのだそうです。
自慢じゃないが、元々腎臓あまり良くないですからね、私。
子供の頃から、疲れるとすぐ蛋白降りるし。
つーか、それで慣れてちょっとぐらい蛋白降りても「またか」ってぐらいですし。

これは間違いなく父親からの遺伝です(笑)
うちの父親も私が生まれた頃からそういう検査引っかかって、色々調べたけど特にどこが悪いんじゃなくて体質らしいです。
なんかね、親の悪いところばっかり継いでるの私(-。-) ぼそっ

なので腎臓の影響は怖いのです。
検査の紙とにらめっこして、飲んでもいいという日まで、がんばって飲み忘れます!

本日は2番なり

今日は病院の日でした。

さて、診察予約は9時半です。
その前に採血して結果が出るまで1時間ほどかかるので、早く行かないといけない。

今日は病院に着いたのは7時35分でした。

今日は、

20170913a

「2番」

でした。

もうちょっとで3番になるところだったんですが、ちょっとの差で3番のおじさんより私の方がちょこっとだけ早かった。

1番のおじさんは何時から来ていたか分からない。
8時の受付機が動き始めるまでに10人以上はいたかな。

会計まで全部終わったら10時ちょい過ぎぐらいだったかな。
3時間はかからなかったけど、やっぱり最低2時間半は必要か。

ほんまに病院って元気でないと行けんわ~
とにかく疲れました、お疲れさん!

病院三連続

昨夜は寝る時から憂鬱でした・・・

だって、今日の午後私が病院、明日は朝から父親が病院、そして明後日は私が朝早くから3時間かかる病院、と3日連続病院なんだもの・・・

ああ、病院ほんまにいや!
でも行かんとあかん!
健康な人が本当に羨ましいです。
時間もお金も体力も神経も使うし、かといって行かないと命に関わることもあるし。

しかも、今月は先月うっかり薬を飲んでしまって延期になってる造影剤の検査もある。
病院月間だよ・・・

今日のお昼ご飯まで父親には置いてきたけど、自分もお昼ご飯食べたら病院行かないと。

「早く治して早く薬やめなあかんよ~」

って、ととろさんには言われるんだが、風邪とかじゃないので、そう簡単に病院とは縁が切れんのですよ。

つーことで、今、めちゃくちゃ、

「めんどくさ!」

な気分です( ̄▽ ̄)

サイズアップ!

前もって言っておきますが、体重でも横幅でもありませんからー!

では何が大きくなったかと言いますと、

「傷に貼ってるキズパワーパッド系絆創膏」

です。

「キズパワーパッド系」と書いたのは、今度買ったのは「キズパワーパッド」ではないからです。
値段が全然違ったので他のメーカーのハイドロなんとか系のを買いました(笑)

1枚目のは、貼った翌日に膝をついてしまったら、ぶちゅっと音がして液漏れするようになったので貼り替えました。

基本的に2、3日は貼りっぱなしでいいと聞いてたので、すっごく損した気はしたんですが、ばい菌入っても嫌だし交換。

次は2、3日貼り続けようと思ったんですが、膝をついていないにもかかわらず、気づけば横がちょっとゆるんでる感じ。
これはばい菌入る可能性あり。
こうなったら貼り替えないといけない。

2枚目の敗因は、

「サイズが小さかったこと」

と、

「膝というよく曲がりよくつく場所だったこと」

かなと思います。

最初に貼ったのが怪我した夜、そういうのあったなと思いだして探したら「靴ずれ用」があったのでした。
サイズ見てみたら、ちょうど傷と同じぐらいのサイズ。
これでいいかと貼ってたら、湿潤液で盛り上がり、うっかり膝をついたら横が開いてしまったわけです。

2枚目に交換した時、休みで家から一歩も出る予定がなかったので、同じサイズにするしかなく、気をつければいいかなと思ってたんですが、それでもまだまだ足りなかった。

んで、昨日、大きいサイズを買って実家に行った時に貼り替えました。

傷より結構大きいのを買って、傷が真ん中に来るように調整して貼ったからか、今のところいい状態です。
真ん中が、最初ほどじゃないけどまだ盛り上がってきてるので、効果あるでしょう。

2枚めをはがした時、1枚目の時より水っぽくなく、ちょっと固形化したような感じもあったので、もう盛り上がらないかなーとか思ったんだけど、まだ間に合ったみたい。

膝をつかないように神経使ってるんですが、なんでしょうかねえ、これ。

「左の膝がつけないなら右の膝をつけばいいじゃない」

ぐらいの気持ちだったんですが、右膝ついて立とうとしたら立てないのよ、これがまあ(笑)

もちろん右膝も多少打ち身とすりみがあるんですが、そっちは立つ時につく部分じゃないし、平気だとばっかり思ってたら、体が、立ち方が分からないみたい。
う~ん、不思議だ。

それと、

「バンソコの下がかいくなってきたー」

ってのもちょっと困ってます。

ああ、はがしてかきたい・・・(笑)

そういうわけで、サイズアップした絆創膏で順調に治っております。
まだ打ち身は痛いですが、そっちよりかゆい方が今は辛い、ぐらいです(笑)

傷のパワーを見た

一昨日、4日のお昼前に転んで膝をすりむきました。

そのまま簡単に手当してたんですが、夜、お風呂に入った後で、

「そういやととろさんが靴ずれできた時に傷パワーパッド買ってあったな」

と、薬箱をゴソゴソ。

「靴ずれ用」と書いてあって、形も靴ずれっぽい、なんて言うのかな、土星をへしゃげたような形をしてる。

「ちょっと小さいかな」と思ったんですが、傷の上から当ててみたら、なんとか出血バリバリみたいなところは収まるようでした。
ちょうど傷がそんな形だったので。

4日の夜に貼って、昨夜、5日の夜に見てみたら、

「なんか真ん中が水分っぽくて山盛りになってる」

「湿潤療法」は自分から出る体液とかで傷を潤して早くきれいに治すらしいけど、これって「傷パワーパッド」が私の傷から出る湿潤液を受け止めて、中に水を貯めてくれてるってことよね。

見た目がちょっと面白い。
シリコンっぽい中になんか詰まってて、変なお菓子みたいな感じ(笑)

2、3日はこのままでいいみたいなので、そのまま寝る。
ここがいいですよね、普通の絆創膏だったら、お風呂から出たら貼り替えてってしないといけないし。

今朝、起きる時に膝ついたら、

「ぶちゅ」

みたいな音がしたような・・・

半分寝ぼけながら起きたから、どうも傷の部分をついたらしい。
ちょっと痛かったもの。

朝の準備とか終えて、ちらっとめくってみたら、昨日まではきれいな和菓子みたいな見た目だったのに、その周囲が2ヶ所ほど道がついたみたいになって、わずかですが、

「オロナインっぽいのと血っぽいのが顔出してる」

ととろさんに見せたら、

「大丈夫?これ、変じゃない?膿んでるんじゃない?大丈夫?」

と、心配してくれたが、君は湿潤療法を知らんのか?と放置。

というか、ととろさんが巻爪で通ってる駅前のなぎら健壱っぽい先生が湿潤療法の実行者で、知ってるはずなのにね。
心配のあまりあのクマさんはこういうこと言うんだ。
お気持ちだけありがたくいただきますが(笑)

しかし、四方から汁気が出たりばい菌入ったりする可能性があるから、さすがに貼り替えんとな、と、めくってみたら、

「うお、湿潤Σ( ̄▽ ̄;) 」

すんごいですね、中身。
昔だったら、これ見たら、そりゃととろさんみたいに言うな。
ぐじゅぐじゅしたみたいになっとる。

周囲にこぼれた汁気だけ拭き、新しい傷パワーパッドを貼っておきました。
やっぱり何度見てもあつらえたみたいに傷の形とフィットしておる( ̄▽ ̄)

もしかしたら、ちょっと小さかったのかも。
本当はもう少し大きくて、傷全体プラスアルファの範囲を覆った方がいいんだろうな。
しかし、今はこれしかないのでいいとする。
買いに行くのめんどいし(-。-) ぼそっ

貼り替えてまだ時間が経ってないからか、今はまだぺったんこで絆創膏とさほど見た目は変わりません。
また和菓子みたいになるかな?

検査が延期になりました

今日は午後から造影剤を入れてCT検査の予定でした。

「当日のお昼ご飯は食べられない」

というのは覚えてて、そのつもりをしてました。

そして昨夜、もう一度きちんとした時間とかを調べるためにファイリングしてあった予約表を引っ張りだしたら、

「ん、なんだこれ・・・」

予約表の後ろに、半枚の大きさの紙を発見。

「造影剤と影響する薬があるから検査の前後48時間は飲まないでください」

ってΣ( ̄▽ ̄;)

「そういや、そんな話した記憶が・・・」

あったんですあったんです、そういうこと。
でもね、でもね、言い訳するわけじゃないが半年も前なんだよー覚えてないよーそんなことー。・゚゚ ‘゜(*/□\*) ‘゜゚゚・。 ウワァーン!!

きちんと薬達を飲んでたので、「16日の夕方から飲まないで」って薬を「17日の朝」まで飲んでました。
気づいたのは17日の夕方です。

急いで病院に電話したんだけど、もう終わってる・・・

仕方なく、今朝、9時になるのを待って病院に電話して事情を説明しました。

最初は受付に電話して、そこから薬事部につないでもらって、そしたら薬剤師さんが先生と話をするから、と一度切ってかかってくるのを待つ。
今日は担当の先生がお休みの日だからか、結構時間がかかって、20分ぐらいしてからかなあ、かかってきたの。

「やっぱり今日は検査しない方がいいらしいので、予約を取り直してください」

とのことで、日にちを決めようとしたんですが、

「検査の前後に血液検査をするので、検査後3日目ぐらいに来られる日」

を見たら、ないんだな、これが。

9月は他の病院の予約(これもお盆のお参りとかで変更してもらった)とかがあり、とーちゃんの病院もあり、しかも私が行く月曜日が祝日で休みもある。

検査だけして、検査後の検査だけして、また診察との話もあったんですが、それもめんどくさいし、ややこしてくまた忘れそうだ。
ってことで、結構先になるけど金曜日と月曜日がコンビで行ける日に予約し直してもらいました。

「今日は担当の先生がお休みですので、来週また先生と話をして変更の可能性もありますが、とりあえずはこの日で」

と、決まった後、念の為に薬を休む期間の確認をしてたら、

「前々日の夕方、ではなく、前々日の朝から、2日後の朝ではなく、2日後の夕方まで」

薬を休む、てな話でした。

「前々日の夕方から2日後の夕方ではなく、その期間なんですか?」

ってことになったんですが、その後また電話がかかってきまして、

「薬剤師さんと話をして、48時間なのでやっぱり夕方から朝までで大丈夫みたいです」

と、調べてくれました。

いやはや、私のミスで色々お手間とらせました、申し訳ないm(_ _)m

ってことで、今日はとーちゃんのお昼ご飯も置いてきたし、ついでに家で休憩することにしました。
正直ほっとした、忙しかったもん、お盆。

思わぬ半休とれたーそして今度はちゃんと薬休むぞー!(笑)

4番乗り

今日は病院の日でした。

以前はたっぷり3時間半以上かかってたんですが、朝一番の時間帯(9時半~10時の予約)に入れてもらうようにしてから、2時間半とかで終わるようになりました。

2時間半でもそこそこ長いですが、始まる時間も遅いので、下手すりゃ帰るのが2時前ぐらいになってたので、ものすごく生活が楽になりました。
薬局で薬もらって買い物して帰ってもお昼だったりするからね。

9時半予約なんですが、その前に血液検査なんぞがありまして、ぎりぎりに行くとそれが時間がかかってだめなのです。

8時から受付開始、検査開始が8時半です。
最初のうちは知らなくて、8時に行って8時半からの血液検査をやってもらおうと思ったら、それが待つ待つ。
診療時間過ぎてもまだ血液検査待ち、ってな時間になるので、もっと早く行くようになりました。

前回は8時ちょっと前に着いたら、受付待ちの番号札が10番台。

血液検査が1番目のグループか2番目のグループなので、これでも大丈夫と言えば大丈夫なんですが、今日はもうちょっと早くに行ってみました。

病院に着いたのが8時半頃で、車を停めて(遅いとこれも停められない)受付前に行ったのが7時40分頃。

駐車場側から歩いてても誰もいないので、

「お、これは1番か?」

と、わくわくしながら受付前行ったら、

「4番・・・」

みんなー何時頃から来とるんですかー!(笑)

8時になって受付機で受付して、検査室まで行ったら検査の順番が1番だったので、よしとしよう!

ところで、診察の受付番号はなぜか8番でした。
おそらく、予約の順番が8番なんだろうなあ。

ってことは、1番に行っても9時半からの予約の順番は1番じゃないってことになるのか?

それ以前に、血液検査が1番でも10番でも、採血してくれる時間はそこまで遅くならないので、1番目指すために30分ほど早く行く方が時間の無駄かも知れんな( ̄▽ ̄)

う~ん、あんまり1番乗り目指す意味ないような気がするが、できたら一回でいいから1番になってみたい気もまだ少々あります(笑)

病院しんどかった・・・

今日は半年に一度のMRIの日でした。

「でもまあ、ここはすぐに済むからええわ」

そういう気持ちで行ったら、なんかえらいこと時間かかってしまった・・・

MRIが8時半から、診察が9時半からの予約になってたんですが、いつもだったらほぼ時間通りにMRI開始、終わって待ってたら9時半になるまでに診察室に呼ばれ、診察終わった時間が9時半頃、ってな感じなんです。

今日もてっきりそうなるだろうと、

「終わったらどこに買い物に行こうか、今日はお昼から用事があるからさすがにコストコは無理だがあそこに行こうかな」

と、決めてたお店がありました。

診察はいつもよりちょっと遅く、9時40分頃に終わりました。

ここまではほぼ予定通り。
ところが、この後が遅かった。
待てど暮らせど会計に持っていくファイルを持って来てくれない・・・

今日はいつもとちょっと違うところがありました。

「MRIを見る限り変化なくて大丈夫ですが、退院してから一度も撮ってないから次は造影剤入れてCT撮りましょう」

と、言われたんです。

その予約入れたりでちょっと遅くなってるのかな?と思ったんですが、それにしても遅い・・・

そしてもう一つ違うところがありました。

12月から電子カルテのシステムが変わったとかで、

「少し遅くなるかも知れないけどごめんなさい」

的な張り紙があったんですよ。

「もしかしたら、ファイル持って会計に行くシステムが変わって直接会計前で待つシステムになってるんだろうか?」

そう思って会計に行ったんですが、今まで通りファイルを入れるケースが置いてある。
う~ん、どうなってるのか・・・

それで、ちょうど部屋から出てきたスタッフの方に聞いてみたら、調べてみると中に入って行きました。

そしてそれからも全然なんもなし( ̄▽ ̄)
どうなってるんだ・・・

診察が終わって1時間経った10時40分頃、やっと番号(ここは名前じゃなく受付番号で呼ぶ)を呼ばれたら、次回のCTの予約表だの説明書だの同意書だのを持って来て、色々書いたり聞いたりしないといけない。
薬のことも伝えて造影剤やるのに抜かないといけないのがあるとかないとかも説明いけないといけない。

ってなことやってて、終わったのは11時をまわってから。
3時間以上かかってしまった・・・

会計で、今日は特別に何かあったの聞いたけど特に無いらしい。
「月曜日だからですかね」って言われたけど、ずっと月曜日にしか来てないけどこんなん初めてだよ。

システムが変わったから時間かかるかもってあったけど、もしもこれからもずっとこんなにかかるようになるなら、システム変えた意味ないよねえ(ー_ー;)
なんにしても、次回は早く済みますように。

やれやれ、駐車場が無料になる券も、いつもなら1枚で済むのに2枚もらっててよかったよ。
いつもは3時間なんてかかることないもん。

それからはもう、遠くに行く時間も気力も体力もなくて、近くのスーパーに寄ってお昼のおかずとお弁当買って実家に行きました。
ここに着いた段階で、もうしんどくしんどくて、とってもお昼から仕事してからご飯作る気力も体力もなかったのです。

ファイル 2933-1.jpg

お昼ご飯食べてから仕事で1時間ほど走ったりして、実家に戻って少し様子を見てから、もう配達もなさそうなので3時半頃に帰りました。

なんだろう、むっちゃ疲れた・・・
風邪とかもらってなければいいんだが。
とりあえず、今日は早く帰ったので早く寝る予定です。
はあ、疲れた・・・

恐ろしいうがい薬・・・

以前、よくある赤いうがい薬、ヨード?のやつを使っていたんですが、なんでだったかなあ、きつかったのかな?それで買わなくなってました。

あ~確か、のどにスプレーするヨードのやつを使ってたら、ととろさんがかえって喉を痛めてしまったことがあったんだった、思い出した。

それで置いてなかったんですが、喉が弱い人がいるし、やはりなんでだったか「やっぱりうがい薬は必要かなあ」とドラッグストアで薬剤師さんに相談したら、写真のやつを勧められました。

ファイル 2932-1.jpg

「ラリンゴール」

これは、喉の炎症も抑えてくれるのでいいですよ、と勧められたので、試しに小さいのを買って使ってました。
うがい薬なんてそうしょっちゅう使うもんでもないですしね。

そしたら、

「ヤバイ、ちょっと喉が痛い・・・」

ぐらいの時だったら、そんなに濃くなくて、ちょっと水に落としたぐらいでうがいしたら、確かにかなり治まります。

そうしてほそぼそと使ってたんですが、なくなったので今度は前の倍入ったやつを買いました。

そしたらさっきととろさんが、

「なんて恐ろしいうがい薬を買ってしまったんだ!」

と、言いに来た。

どうしたのか聞いたら、

「前のと同じだと思って出したらどばっと出た」

って、そりゃそなたがどんくさいだけでは?(笑)

前のやつと比べてみたんですが、見たところ同じ口してると思うんだけどなあ。

「出したやつどうしたん?」

と聞いたら、

「仕方ないからそのまま使った」

って、捨てろ(笑)

私は今のところ喉が痛くないのでまだ使ってませんが、

「出す時は気をつけてね」

と言われてます。

本当にちょっと入れるだけでいいので、どばっと出るとしてもまた長く使っていかんとあかん( ̄▽ ̄)