お天気」カテゴリーアーカイブ

お日様マークだったのに

昨日、一日結構張り切ってあっちこっちお掃除して、砂まみれほこりまみれになってしまったので、4時過ぎからゆっくりとお風呂に入りました。
うむ、明るいうちにゆっくり入るお風呂は贅沢~うれし~がんばったご褒美だ。

後は晩ご飯食べて寝るだけだったんですが、ととろさんが残業でした。
6時過ぎた段階で連絡なかったので、先に食べておくことにしました。

ととろさんが帰ってきたのは9時ちょっと過ぎ。
いつもだったらエントランスからチャイム鳴らすのに、洗面所にいたらいきなり玄関が開いてびっくり!

どうしたのか聞いたら、

「バス降りてすぐに雨が降ってきて雷も鳴ってる!」

ええっ、そうなん?
天気予報全部お日様マークやったのに?

言われてみれば、なんかゴゴゴゴってな音がしてた気もします。
でも晴れだとばかり思ってたので、てっきり機械敷き駐車場の音だと思ってた。
似てるのよ。

バス停からすぐの入り口から自分で鍵を開けて入ったので、エントランスのチャイムが鳴らせなかったらしい。
なるほど納得。

今調べてみても天気予報はお日様マークずらっと並んでるだけ。
ととろさんは「予報で雷雨って言ってたよ」って言うんですが、必死で掃除してたからそういや今日の天気予報全然見てなかったわ。

ギリギリセーフで傘も差さずに済んだらしい。
よかったよかった。
これもみんな、私が家をきれいにしたご利益やな。
うむ、そういうことにしておこう。

家庭菜園再開?

昨日、晩ごはんに青ネギを使いました。

ご近所の産直スーパーで買ったんですが、いやあ新鮮で活きが良かった。
魚だったらピッチピチレベルよ。

使ったのは半分ぐらいだったので、残りはネギリングにして冷凍しました。
これからの季節、冷やしうどんにそうめんに、大活躍だからね。

「きれいな根っ子、久しぶりに植えようかな」

思いついて実家の植木鉢に土を入れて植えました。
前は自家栽培してたので、結構重宝してたんですよね。
ちょこっとネギが欲しい時に助かる。

植えて、土を入れたプランターの上に猫よけ兼ねて置いておきました。
下はスイセン、これも球根を掘り出して大きいのだけ植え直してあります。
芽が出るまでにまだまだあるから、それまで猫にトイレにされないように上に空っぽの鉢とか置いてあるのです。

水をやろうかなと思ったんですが、ほんの少し、雨とも言えないぐらい小さいのがポチッ、ポチッと置いてきた気配もあったので、自然に水やりしてもらおうと放置してきた。
畑に植えるようのネギも乾燥させてから植えるらしいから、まあいいだろう。

そう思ってたんだが、その後で雨がなかなか降らない。
天気予報では一日雨になってたのに、曇ってはいるが降ってこない。

「水やりした方がいいかなあ」

植木が乾燥してきてる感じはしたのよね。
でも天気予報を信じてやらずにおりました。
決して手抜きじゃないからね!
ええ、違いますとも!

結局、私が実家にいる間はほぼ降りませんでした。
帰る頃になってちょびっとだけ車が濡れたかな、ぐらい。
車的にはこれぐらいが一番嫌だがしょうがない。

そしたら夜、どしゃっと降りました。
小さい畑も潤っておるだろう。
水やりしなかったのは正解だったな。

今日行ったら畑の見回りをします。
今のところネギだけだけどね(笑)

花散らしの雨

このところ気温が上がってきてコートがいらないぐらいでしたが、今日は一気に寒くなってまいりました。
ほんま、寒かった・・・

昨日は母の命日で、朝からお墓掃除とお参りに行ってきたんですが、本当にいい気候だったんですよ。
暑くもなく寒くもなく、お墓掃除もゆっくりできました。

うちのお墓のある墓苑へ行く道は桜の並木道。
ピンク色の坂道の桜のゲートを車でくぐって登ります。
ものすごくきれいです。

いつも桜の満開の時にお墓参りに行くんですが、昨年は熱出したりして行けなかったのよね。
今年は一人のんびりとゆっくりと、掃除してお参りして、桜を堪能して帰ってきました。
たった1日で180度違うお天気に寒さ、昨日でよかった。

この雨で桜は散ってしまうかな?
それとも気温が下がってもう少しもつのかな?
なんにしても、昨日の桜が一番きれいだった気がしてます。
散る桜もきれいですけどね。

お墓掃除はまた雨

もうすぐお彼岸で、今日は朝からお墓掃除に行こうかと準備をしていました。
昨日から花とお線香も買ってマンションに持って帰ってきてるしね。

カレンダーの都合で今日行くのがいいと判断したわけですが、昨日からやな予感・・・

「火曜日は朝から雨」

なんでやねーん!
色々あって年末もさっとしか掃除できなかったし、しばらくお墓行ってないし、お彼岸だしとちょっと丁寧にやる予定してたのに、またさっとお花入れて帰るしかないやないかーい!

でも物は考えようかな、と思い直しました。

年末年始からこっち、色々あり過ぎてちょいへばり状態です。

へばると言っても寝込むほどではないんですが、1月2月は、

「あったっけ?」

って思うほど、色々あり過ぎてなんか訳わからんうちに過ぎてしまったし、3月はきのうカレンダーの日付見て、

「え、3月まだ18日しか終わってないの?もう数日で終わりみたいな気がしてた」

ってぐらい、訳わからんうちに過ぎたかどうだかな状態だったですよ。

「しょうがない、来月の母の命日が割とすぐだから、今回はさっとにして今度こそゆっくり掃除しよう」

そう考えたらちょっと楽。
なんか、母が「ちょっと休み」と言ってくれたような、そんな感じもしました。
勝手にサボる口実にしてるわけですが(笑)

そしてそう考えたら父親から電話が、それもちょっと時間置いて2回あり、

「問屋で荷物取って来てほしい」

と。

お墓のすぐ近くなんですよね、問屋さん。
しかし、それにしても必要な仕事がその日に2軒続けて入るとはな。
まあ一石二鳥、いや三鳥か、一度で終わるのは。

雪だ!

「雪が降ってるみたい」

と、ととろさんに教えられて外を見てみたら、あらら、本当に白いふわっとしたのがわさわさ降ってる。

そういや東の方はえらい降ってる気配を諜報部が察知してる気がする。
昨日、こっちは風がちと冷たいなとは思ったけど、そこまででした。
でもこのまま降って夜通し降ったら、ひょっとしたら明日は積もるかも知れないなあ、というぐらいには降ってる。

今日は妹が実家に来て父親のご飯をしてくれると言うので甘える予定です。
でも、あまり降ったら夕方つるつるのところを帰るのは危ない。
そう思って父親に電話しました。

「今見たら結構降ってるから、都合で来るのやめるように言うた方がええかも」

すると、

「今もうやんどうで」

って、ええっ、今キッチンのサブバルコニーから見た時降ってたがなΣ( ̄▽ ̄;)

その雪を見て、それからダイニングに戻って携帯手にして電話したとこよ?
それでもうやんでるか?

携帯持ったままリビングの窓に移動し、カーテン開けてみたら、

「あれ、ほんまにやんどう?」

よくよく見たらちらっと降ってるけど、さっきサブバルコニーから見たのとは全然違う。
キッチンからリビングに来て携帯持つ間に弱くなったみたいだ。
なんつータイミング(笑)

今はもうほとんど降ってない?
このままやむといいんだが。

まあ今日は様子見てゆるゆる動きます。
出ないといけない用事もあるし、足元気をつけていきまっしょーい!

「避難ごっこ」で思い出したこと

今朝テレビを見てたら、

「災害後の子供が災害関連の遊びをしても責めないで」

というのがありました。

その時やってたのは、なんと、

「火葬ごっこ」

だったんです。

ショッキングですよね、小さい子供がそんなこと。
ぬいぐるみを板?か車みたいなのに乗せてるんですが、写真見ただけではそんなこと想像もできない。

ちょっとびっくりしたんですが、それも大事なことなんだそうです。
子供は子供なりに、心に受けたショックとかをそうして癒やしてるんだとか。
だから責めないで様子を見てあげて、って。
その行動をいい結果に導いてあげるのもいいらしい。
「よかったね、逃げられて、助かって」とかってオチにすればいいのかも。

で、思い出しました。

「あ、そういや私もやった記憶があるわ」

幼稚園の時だったと思うんですが、確か台風で結構な被害が出たんですよ。
その時のことです。

当時、5階建ての団地に住んでました。
小さい団地で2棟だけだったんですが、うちは1号棟ですぐ横に川が流れてました。

その川、なんて言うのかな、下にちょろっと川が流れて、その途中に段があって、そこに戦後家を建てた人達が住んでたようです。
川には木の階段とかで降りられて、上の道にはまたそっちに階段で上がるとか2階で繋がってる、とかって感じかな。

その川が、道まであふれるぐらいに水が流れてました。
うちは3階だったんですが、そこから見下ろした川は泥の色をして色んな物が流れてたのを覚えてます。
その時の水害で、確か3名ほど亡くなったはずです。

うちの家のすぐ下ぐらい、川の水が建物の敷地まで溢れてきてて、一部が水にえぐられてました。
あれがひどくなったら避難とかになってたのかも。

そうしたら母親が、

「何かあったらあんたら背負って逃げるから」

と、着物の紐とか出して準備しました。

幼稚園とは言え、私はそこそこ大きい子だったし、妹は小さかったけどそれでもやっぱりもう幼稚園の子です。
今思えば無理なんじゃないかなと思いますが、それでも逃げる準備をしてたのは覚えてます。

幸いにも、うちはなんともなくて逃げることもなかったんですが、しばらくの間、お人形を背負って逃げる準備したり、お人形に赤ちゃんの人形くくって逃げる、なんて遊びをしてたなあ。
その時に心の傷を癒やしてる、なんて意識なかったけど、やってた。

どんどんえぐれていく場所がちょうど目の下で、それはそれなりに怖いと思ったし、いつもは底の方をちょろちょろっと流れてる水が大水、しかも家も全部飲み込んで道まで溢れてるのも少しは怖かったけど、それよりも不思議な感じがしたのを覚えてます。
窓からしばらく外見てたな。
すごかった、今思えば。
多分、今の方がもっと怖く感じるだろうな。

その水害の後、川にずらっと並んでた家が全部立ち退きになりました。
どうも戦後に不法占拠に近い状態だったらしい。
私の幼稚園のお友達とかもいたんですが、引っ越して行きました。

その後、家が立ってた場所は、団地の人達と畑とかして、作ったイチゴとか食べたことあるな。
畑にはひもつけたバケツで川の水くんで、近所のおばちゃんと一緒に水やりとかしてた。
遊ぶのもその川でメダカとったりしてたし、それ以降は一度もそんなことになったことはないです。
上に小さいダムができたりしたから、そのおかげもあるかもですが。

そのダムより上流には、ハイキングみたいにして歩いてちょっとした山に入ったりして、ご近所の人達と一緒によもぎとってきて草餅作ったりしたな。
どくだみ積んで「お茶にする」って言ってた人もいたなあ。

今はどうなってるんだろう、あそこ。
行こうと思えば前の家には行けるけど、あのあたりはどうなったか今の今まで忘れてた。
思わぬ避難ごっこで思い出してしまった。

台風接近中

なんだか本格的に台風が近づいてるようです。
う~ん、久しぶりやな、こんなん。

昨日、実家の雨戸を閉め、すだれもはずして取り入れてきたんですが、これがね、結構大変なんです。

と言うのもですね、我が家は経年劣化と例の地震のせいか、雨戸の開け閉めだの部屋によっては網戸の開け閉めも大変なんです。
閉まりにくかったりはずれたり。

特に私の部屋の網戸は反対側に動かすと、戻す時にほぼ確実にはずれるという・・・
戻すのも大変なんです。
はずれる時は簡単にはずれるくせに、なんで入れ時はすんなり入れさせんのだ!

今までに見てもらったりもしたんですが、調整しても無理っぽい。
まあ、窓枠自体がちょっとひずんでるせいでしょうね。

「雨戸閉めるんやったらすだれはずした方がええぞ」

と、とーちゃんは気楽に言うけどな、思うより大変なんだと認識していただきたいもんです。

それでも、なんとかはずして閉めて、やれやれです。
本格的台風ですもんね。

マンションにいる限りほとんど何も感じないんですが、今朝はゴミ捨てに出たらそれなりに雨と風っぽい雰囲気はありました。
まだ本格的に来てないのでそこまでではなかったけど。

さっきは、

「どーん!」

と、一発どこぞに雷が落ちて、あれはさすがにひぃ~っとなったなあ。

それでもまあ、おそらく3時頃までには行ってしまいそうですね。

どこも被害が出ませんように。
そう思いながら、テレビの天気予報とにらめっこしています。

危なかったらみなさん早めに退避を!

雨の種類

ここのところずっと日照り続きだったのが、昨日の朝は傘をささなくてもいいぐらいの小雨、お昼から結構本格的に降ったのが夕方にはやみ、昨夜はどうか分かりませんが、朝の5時ぐらいには結構いっぱい降ってたようです。

朝、家を出て買い物に行った10時過ぎには「これから降るかも」ぐらいのお天気だったんですが、買い物をして最後のお店から出てきた時、

「え、これ霧雨?ミストじゃないの?」

ぐらいの細かい雨がたくさん降ってました。

あんな霧雨本当に久しぶり、演出か何かじゃないのかと思うぐらい細かい雨でした。

しかし、小雨、どしゃぶり、霧雨と、昨日から今日にかけてだけでこれぐらい違う種類の雨が降ったけど、本当に雨の表現っていっぱいあるなあ。
日本はこういう言葉がいっぱいあるらしいけど、他の言葉ではどうなんだろ?

例えば英語だと、私の拙い英語力で浮かぶのって「レイン」と「スコール」って、某RPG8みたいなのぐらい(笑)
エジプトのアブシンベル神殿のあたりは1年に1回ぐらいしか降らないらしいから、雨は雨だけで終わりな気もする。

今日は午後からからっと晴れて、明日もまたいいお天気らしい。
適度に雨と晴れを繰り返してほしいもんだ。
そしたら植木に水やりしなくていいし(笑)

寒波の影響

昨日の朝、目が覚めてテレビをつけたら、日本列島あっちこっち真っ白で大騒ぎでした。

当地も雪が降るかもとか言われてたんですが、全然。
いいお天気で水気が空から落ちてくる気配すらない。

数年前に一度雪が降って車が車庫から出せなくなったことがあるので、もしもの時に備えて父親には多めのご飯を作って帰ってきてましたが、まあ無駄に終わってよかったよかった。
でもあるので今日のお昼は一人で食べておいてもらい、用事をしてから午後に家を出ました。

何しろ駐車場に写真のような貼り紙してるもんね。
こんなこと初めてだ。

ファイル 2541-1.jpg

実家に行くまでに問屋に荷物を取りに行き、実家に寄って準備をしてから配達に行き、そのまま帰りに買い物に。
こうして用事を済ませておけば、実家に到着したらもう出なくていいもんね。

買い物から帰って実家に入ると父親が、

「ちょっと事件があったんや」

と言ってきたΣ( ̄▽ ̄;)

何があったのかとドキドキしながら聞いたら、

「お湯が出んようになった」

って、給湯器壊れたんかいーえらいこっちゃー!

台所の水道に走り、急いで蛇口をひねったらちょろちょろとは出てるが、出てるってほどではない・・・

「もうそろそろ出るんちゃうかなあ」

とか親父が悠長なことを言ってるのでなんでかと思って、

「あ、そうか!凍ってるのか!」

と、気がついた。

今朝、父親がお湯を出そうと思ったらお湯の方が全く出なかったそうな。
水の方が出るので凍ったなとは気づいたらしいけど、お昼も出なかったとか。

しばらく様子を見てたら段々と解けたのか水量が増え、ちゃんとお湯になって一安心です。

うちの給湯器の配管は、地震の時に壊れてちょっと変則的になってるのです。
それで給湯器から台所の流しまでが遠く、特に影響があるみたい。

「今晩も凍るかもなあ」

と言ってるけど、大丈夫かなあ。

まあ、配管が破れたりしなけりゃ溶けるからいいが(^-^;)

そういうわけで、全く影響がないと思ってた我が家も多少被害を被ってた、という話です。
はあ、この程度でよかった。

50年に一度

当地は台風がそれて「大したことなかったな」と言ってたんですが、昨夜遅くに栃木がえらいことになってると知りました。

もう知ったのが10時まわってたので、心配しつつもととろの郷に連絡するのは待って、今朝になって電話してみたが、お母さんが出ない。

朝のうちは用事とかがあると携帯に気づいてないこともあるので、心配しつつも待っていたらととろの郷近く、と思われる川が決壊するかもとの情報が・・・

とりあえずととろさんに聞いてみたら、

「その川はどちらも知ってるけどかなり離れてるから大丈夫、近くに大きい川はないから」

とのこと。

それからほどなく、お母さんから折り返しの電話があり、あちらはあちらで、

「雨の地域に入ってたから心配してた」

と、気にしてくれてました。

今も救助作業が続いてるんでしょうか?
まるであの震災を思い出すような、津波のような映像にぞっとしました。

今年は本当に台風の当たり年、それも「今までにないような」の連発で、本当にどうなってるのか。

雨の恵みは大切だけど、これ以上の被害がないようにと祈るしかありません。