神戸」カテゴリーアーカイブ

またいつか春節祭

今日から春節祭、中国の年越しのお祭りです。

昔はね、好きだったんですよ春節祭。
職場が結構近くだったもので、仕事帰りに毎日のように寄っていて、友人達からも感心されたり呆れられたり、そのうち「そんなに楽しいなら自分も」と一緒に行く人も出たり、そんな感じでした。

「春節祭と言えば◯◯さん(私ね)を思い出す」

と言われたこともあるなあ(笑)

本当に毎年楽しみにして行ってました。
ととろさんがこっちに来た頃にもRとかも一緒に行って蛇踊りや獅子舞見たり、遠方からお友達が来たら連れて行ったり、本当に好きでした。

今でこそ毎日屋台が出てるのが普通ですが、震災前は普段は静かな商店街みたいな感じで、春節祭の頃だけ今みたいな状態になるんです。
今が毎日春節祭みたいな感じ。
それも楽しくて、仕事終わりになると駅と反対の南京町にふらっと足が向いてました。

「千本引き」も楽しくて、当時は結構色々当たったので、何千円かの金券が当たった時は店が休みの日に母親を連れて(父親は行かないって)一緒に母親が好きなラーメンとか食べたこともあったなあ。

南京町らしいパチもんを見て笑うのも楽しかった。
春節祭の時じゃないけど、ピ◯チュウのパチもんとか友達が買ってて、それがあまりに微妙で笑ったことも(笑)

それが、いつの頃からか足が向かなくなりました。
パチもんもね、笑える範囲を超えてしまったのと、何が入ってるか分からないのが怖くなってきたりしてね。
昔はずっと南京町の決まった町でお茶買ってたりしたんですが、すっかりそんな気がなくなってしまった。

今年なんかさらに新型肺炎の危険があって、行きたい気持ちがあっても行かない方がいいなと思ってしまう。

いつかまた、楽しい気持ちで春節祭に行けるといいなと思ってます。
それまでは、あまり進んで行きたいとは思わないかも知れないな。

豚肉のノルウェー風煮

私が小学校の頃、

「鯨肉のノルウェー風煮」

というメニューがありました。

偏食甚だしく大部分の給食が苦痛だった私ですが、これは大好物でした。
多分、給食の中で一番好きだったんじゃないかな。

学校の給食からも遠くなり、鯨肉も普通に食べられなくなる中でも、時々、

「ノルウェー風煮、もっぺん食べたいなあ」

と、思うことがありました。

時は巡り、ネット時代となりました、そんな一昨日、神戸新聞に給食の話題が載り、そこでこの「鯨肉のノルウェー風煮」が掲載されていたそうです。
私はネットで知ったんですが、妹宅は神戸新聞なので、それを見たと話題になりました。

それでレシピまで載ってたので、

「いつか作ろう」

と思ってたんですが、思ったより早く、今晩作ることに(笑)

というのがですね、豚肉が、古くなってきてた・・・orz

「ヤバイ!もう明日まではもたない!」

そういう状態になったけど、うん、まだギリギリいける(-_☆)

きっちりレシピ通りではないですが、参考に豚肉に下味をつけ、油で揚げてソースにからめて煮てみました。
本当は野菜が入るんですが、なかったもので缶詰のグリンピースだけ入れてみた。

20170816a

出来上がったのを見て、

「もっと油っぽかった気がするなあ」

と、思いましたが、味を見てみたら、

「なんとなくこんな感じかな?」

でした。

とりあえずソースだけは大体の分量を合わせてみたんですが、同じケチャップ、ウスターソースでもメーカーが違うのか、給食のはもうちょっと酸っぱかった気がする。

ととろさんも、

「おいしい!」

と言ってくれたので、今度は自分でもうちょっと味を調整してみようかな。

豚肉も今回は肩ロースだったんですが、もうちょっと鯨っぽい部位を探してみようと思います。