」カテゴリーアーカイブ

名誉の負傷?

昨日、棚板一枚吊っただけでくたくたになりました。

その後、お風呂に入った時に、

「なんじゃこりゃあ」

と、見つけてびっくりしたものが・・・

右足の親指の横の下あたり、そこ押さえつけて外反母趾とかなるようなところ。
まあ裏ではなく横です。
そこに指で押さえたぐらいに赤く痕がついてる。

押さえても痛くはないんですが、そういや必死でドライバー回してる時にここ痛かったわ、と思い出した。
皮の薄い場所だし、あんまりそういう風に重みとかかからない場所っぽいので内出血してるんだなあ。

お風呂からぴろり~んとととろさんを呼んで、

「見て見て」

と見せたら顔をしかめて、

「もう、ケガするんやったらやったらあかん」

と言われましたが、まあケガって言うほどのこともないしね。

面白い場所をケガ?したもんです。
これも名誉の負傷でいいのかな?(笑)

おかげで棚は落ち着いてます。
まだあれこれ手を入れたいので、考えつつ満足して見ています。

そうそう、電動ドライバーほしいと書いたら色々教えていただいたんですが、電気ノコギリはやめた方がいいと言われたのでやめると思います。
木材じゃなく、実家のカイヅカイブキとか切るのに使いたいと言ったら、扱いがむずかしいので指とか飛ばすと言われてΣ( ̄▽ ̄;) となりました。
うん、やめます(笑)
でも電動ドライバーは考えよう!

電動ドライバーがほしい・・・

今日は先日本棚を置いた上に棚板を設置しました。

「棚1枚置くだけやから簡単簡単」

そう思ってた頃が私にもありました・・・

「さっとやってお昼からはゆっくりしたらええな」

そういう感じで、まず柱を調整して位置を決め、1本目と2本目の柱の間に文庫棚をきっちりはめる。
それから2本目の柱の真ん中を中央と決め、左右対称に床と平行になるように、気をつけて気をつけて位置を決めました。
そうそう、文庫棚の下にも、畳に傷をつけたりしないようにクッションをくっつけて、やや壁の方に傾くぐらいの角度をつけられるように準備。

こういう下準備が結構手間なんですよね。
でもこれをやっておかないと、出来てからちょっと・・・と思ってしまう。
最初に神棚を作った時、やっぱり少し不満が残りました。
作業を繰り返すうちに、ちょっとしたコツとか色々学習してるんですよ、私だって。

細かい作業を終え、まず一番真ん中の基点になる棚板受けの位置を決めます。
そうして棚受けをつけてる時にまず予想外のことが。

「あ、端っこのだけ金具の部分が分厚くなってるんや」

棚受けに付属の釘を使ったんですが、しっかりねじ込んだら棚板からちょっと先が出てしまう。
3つある穴のうち、端っこだけなんていうのかな、外輪山みたいにちょっと盛り上がってるんです。
それで大丈夫と思ってねじっていったらちょっと出る。

仕方なく一度はずして文庫棚の下に使ったクッション材の端っこをかましてやり直し。
なんとか格好がつきました。

そこまででもうお昼。
お昼ご飯を食べ、片付けてからまた作業にかかりました。
とっとと片付けてしまおう。

2つ目は神棚側の柱に棚受けを・・・

「な、な、なんでこんな固い!」

柱の裏側か中に節でもあるのか、ねじってもねじっても釘が入らない!
がんばってがんばったんですが、どうやっても入らない。

「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと手伝って・・・」

ととろさんに頼んだけど、釘の頭がちょいつぶれて、しかも固いのでちょこっと頭が残ったところまでしか入りませんでした。

「電動ドライバーがほしいなあ・・・」

そう言ったらととろさんが、

「それぐらい買えばいいのに」

って言うけど、そんなに使うとか思わんし、そもそも今ないんやから手でねじるしかないがな~

色々作りたいから買うかなあ・・・

「ついでに電動ノコもほしい」
「それは危ないからだめ」

と言われたけど、便利だなと思ったら買うかもよ?(-_☆)

「しんどくなる前に呼びなさい」

と言われて、また一人で作業に戻りましたが、できたら自分で作りたい。

こういうの、うるさく言わないのがいいんですよね、ととろさん。
好きにやらせてくれるから。
自分ではやらんけど(笑)

車の運転もそうですが、一般的には男の人がやる、みたいな感じに言われたりするし、「旦那さんにやってもらえばいいのに」って言う人もいるけど、昔から、須磨の家でも母親と一緒に壁紙貼ったりしたし、こっちに引っ越してからは自分の部屋に自分で色々やってたので、好きにやらせてもらえるのが私はうれしい。
もしも、そういうのやりたい人だったら、自分でやれなくてイライラしたかもなあ。
そうして、力がいるとか必要な時には手伝ってもらって、が一番いいペースかも。

そして3本目に取り掛かり、今度はそう固くなかったんですが、なんというか、すっかり手が疲れてしまってうまくいかない。

「はあ、はあ、はあ、はあ・・・ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと手伝って・・・」
「だから、しんどくなる前に呼びなさいって言うてるのにこの人は」

と、またちょっと手伝ってもらい、なんとか予定の形になりました。

「変な声出してるなと思ったらそんななって、録画してもいい?」

ってなぐらい、変な声出してへばってたみたい(笑)

まだ途中です。
とりあえず棚板1枚つけたけど、まだやりたいことがある。
でも明日は無理。
多分またへばる(笑)

予定では午前中で終わらせてお昼からは他の用事するかゆっくりしようと思ってたんですが、一日かかって力尽きた、燃え尽きた。
今日はもう早くにお風呂入って後は寝るだけになってます。

ああ、疲れたけど満足じゃ!

あれしきのことで・・・

昨日、文庫棚を入れて少しだけ片付けをしました。
今は棚の位置があそこでいいか試している感じです。
もうちょい右に寄せた方がいいかな、とか考えて見ています。
柱もそんな感じで立てて違和感ないか、とか見てから行動再開してました。

そんで、いらんもんをほんの少し、本当に少しですよ、紙類のいらんもんを中心に処分して、少し荷物集めて寄せただけ。
そんで、掃除機と雑巾かけただけ。
本当にそんだけ、たったそんだけのことを、しかも休み休みしただけなんです。

ところが・・・

「うう、体ギシギシ言うとう・・・」

朝起きたら、筋肉痛とまでは言わないけど、あっちこっちでなんかこわばりがー疲れがー
明らかに昨日動いただけの疲労がきてるんですね。

情けないー!
本当にあんだけ動いただけ、激しい運動したわけでもない、そんな重いもんをどしゃどしゃ運んだだけでもない。
いかに普段、決まっただけの筋肉しか使ってないか、運動不足か、嫌ってほど体が教えてくれてます。
つらいわー(笑)

時間があったら今日も色々手をつけたいんですが、お昼には実家行ってあっちで用事をするもので、なかなか時間が取れません。
あっち行ってもあっちの物にもなかなか手がつけられない、ずっとそういうことを繰り返してます。

そしてやっぱり思う・・・

「前にやろうとしたように一日どっちかにいるっていう風にしていかないと」

以前、火曜日は夕方まで家にいて、水曜日はそこそこ朝から実家に行ってとしたら多少用事ができる、とやってたんです。
それが、なんやかんや雑用とか仕事とか家族の健康状態、病院とか入ってきたらずれるんですよ。
翌日夕方まで家にいようと思ったら、父親の翌日のお昼ご飯をして置いてきて、翌日の夜もあまり手間暇かけずに作って食べられるものの準備もしておかないといけない。

昨日は休み休み用事して、その間に家事をしてってできたからできたことです。
一段落してから実家行ってってなると、なかなか手がつけられないんですよね。
そんで時間ができても「いいか・・・」ってなって休んだりする。

ちょっとの時間に1つ2つ処分する、ってやっていかないとだめですね。
そうやってたら体に一気にってこともなくなるだろう、うん。

よーし、がんばるぞ!・・・多分(笑)

減らしたほどには減らないのはなぜ?

昨日、実家からある物を持って帰りました。

私の部屋の押入れに入れて使ってた文庫棚です。
厚みが20センチないやや幅広のボックスを想像していただいたらいいかと。

和室に以前神棚と言うか仏壇代わりと言いますか、そういうのを作りました。
「ラブリコ」というツーバイフォー材を突っ張って柱を作れる道具があるんですが、それで2本の柱を立てて作ったんです。
同じのを使ってその並びに棚を作りかけて止まってました。
柱は買ってあるんですが、途中で作業できなくなってしまったのです。

柱を仮に立ててあるんですが、それ見ているうちに、

「下の方は本棚にしたらどうだろう」

そう思うようになりました。

突っ張ってるので結構丈夫なんですが、何かあって倒れても嫌だし、足元に箱みたいのを置いて支え合うようにした方が丈夫だなと考えた。

当初は自分で作ろうと考えてたんですが、ふと押入れにそういうのがあるなと思いだしたのです。
あっちの押入れは物入れになってるだけで使ってないから、それを活用した方がいい。

思って、あちらの棚から荷物を出して箱に入れたまま、また作業が進められなくなってました。
それをようやく昨日持って帰ってきた。
カラーボックスよりちと大きいぐらいなので、中身が入ってなかったら片手で持てるぐらいのサイズ、やっと持って帰れた。

今日はお休みなのでその作業をしてました。
棚を置く部分をきちんと掃除機をかけ、雑巾がけして乾かして、その間に柱を立て、2本の間にボックスを置く。
そのボックスの上に今度棚をまた置こうと思ってます。
とりあえず今の状態で様子を見て、よかったら本格的の固定します。
仮置きですな、今は。

そのついでに、ちょっとあっちこっちいらない物とか選んで処分してたんですが、まあなんでしょうなあ、物って変だ!
一生懸命減らしたのに、減らした割には減ってない!
どうなっとるのだ!
いっつも思うけど、出した物が本当に全部入ってたのか?と不思議だ。
くたくたになるまでやったのにー!

それでもやらないよりはましだろう、うん。
もっともっと減らして、いつ救急車が来ても恥ずかしくないようにしないと(おい)

まあ冗談抜きに、ととろさんが具合悪くなった時にすんごい思ったのよ。
この家によくまあ他人さんを入れたな、と。

別に倒れる予定はないが、いつでも人が入れるぐらいの部屋にはしたい。
以前はそうだったはずなんだ。
今は・・・
とりあえずスペース作るぞーおー!

乾燥甚だし

冬になって寒くなって部屋が乾燥しています。
加湿器は出してるんですが、部屋の大きさに加湿器の性能が追いついてないらしく、気づくと40だの45だのパーセントになってます。

「室温が低いと湿度もあがりにくいんだろう」

と、エアコンと床暖房入れたりもするんですが、やっぱり追いつかない。

「部屋に洗濯干してみよう」

干すんですが、今度はそうすると洗濯が乾き切らない。
エアコンの風が当たる部分だけ乾いたりはするんですが、ちょっと分厚いものとかは乾いてない。

「これだけ乾燥しとうのになんで乾かんのじゃ!」

と、イラッとします(笑)

実家の方はそんなに乾燥した感じないんですよね。
マンションは夏は湿度感じるし冬は乾燥を感じる。
何がどう違うんだろう?

実家は古いし震災も経験してるし、目に見えない部分であっちこっち隙間があると思う。
マンションは気密性が高い。
湿度は気密性に関係ある気がしないでもないけど、だったらどんどん加湿器で湿気出してたら湿度上がりそうにも思う。

例えば、お茶沸かす時にわざと換気扇つけなかったりするんですよね。
そうすると湿度が部屋に流れていくと思うから。
それから、わざとお風呂場の窓閉めてドア開けておくとか。
本棚の部屋だけは湿気たら嫌だからドア閉めてるけど、廊下通ってこっちにも湿度流れてきてるんじゃないか、と思うの。
さすがにそこのドアは開けてたら寒いから閉めてるけど、下に隙間作ってあるドアだから。
それでも足りない。

一番の解決策はもう一台加湿器買うことなんだろうけど、そんなことしてたら全部の部屋に置かないといけなくなる。
どうしたもんですかなあ。
部屋に干した洗濯物が乾いてくれたら一番いいんだけど、温度が足りないからかそこまで乾かない。

皆さんはどうなさってます?

加湿器

「すごく部屋が乾燥してる・・・加湿器出してほしい」

ととろさんがそう言うので出しました。

私はそこまで乾燥を感じてはないんですが、言われてみたらエヘン虫が出てる気がしないでもない。
一気に寒くなったからねえ、いきなり乾燥したようにも思います。

うちの加湿器は結婚した年に買ったハイブリッド式です。
今はもっといいのが出てるのかも知れないけど、じんわりとこれを使い続けてます。

できたら空気清浄機付きの加湿器ほしいな、とも思いますが、壊れてないのに買い換えるのもねえ。
つーか、空気清浄機ってどのぐらい効果あるんだろう?
最近はエアコンにもついてるのあるから、買うとしたらエアコン買い換える時にそういうのにする方がいいかな。

何にしても、そういう季節になりましたな。
足元も床暖房つけてます。
足元から知らないうちに冷えてるから、みなさんお気をつけて。

パッキン交換しなくちゃ

最近、洗面所がえらいびちゃびちゃになる。

ひよこには、一つ心当たりが合った(DASH風に)

以前(調べたら今年の2月9日だった)日記に書いたんですが、

「洗面所の蛇口からポタポタ水漏れするので見てもらったら本体のカートリッジを交換する必要だった」

ということがありました。

「こういうのはいきなりひどくなるからお早めに」

と言われてたんですが、当時はちょっと色々と忙してくそれどころじゃなかったのと、暖かくなってきたらパッキン?のゴムでもゆるんだのか止まってたので放置してました。

「寒くなってきたからまただめになってきたかな」

まだポタポタは始まってないので、最初は使った時に水がたくさんかかってるのかと思い、自分も気をつけて、ととろさんにも気をつけてねと言いました。

びちゃびちゃと言ってもその程度なので、正直、どっちか分からなかった。
それで古いタオルを水道の蛇口じゃなくカランかな?あそこに巻いて寝てみたら、朝になったら蛇口の方は大丈夫なのに、そっちだけタオルがぐっしゃぐしゃになってる。

「あ~やっぱりこっちか~」

カートリッジ交換、何万かするとか言ってたなあ。
頼むのめんどくさいなあ。

↑今ここ( ̄▽ ̄)

前に書いた時にも思ったんですが、昔の回すタイプの水道、カランと蛇口が一体になってるやつ、あの時は水漏れしたら中のパッキンだけ替えたら大丈夫でしたよね。
電気のスイッチもそう、今のは大きくなって押しやすくなってるけど、バネ?の部分が結構すぐだめになる。
新しくなって便利になって、逆に不便になることもあるんだなあ。

年中に頼んだ方がいいかな、と思いつつ、もうちょいなんだかなるのでは、とも思ったりしてる自分がいるんですが、実家の流しの水道がえらいことになったことあるので、そろそろ頼まないとなあ。

たこ焼き器が欲しい

いっ・・・・・・つも、思うことなんですが、

「なんでネタってある時はかぶるかなあ」

ない時はなんもないのに、書きたいなって思うことは重なる重なる。
そして遊びに行った時なんかは書くことがいっぱいあるのに書く時間がない。
ってことで、最近は昨日あったこと、とかを書いたりしてます。
遊び疲れてそれつらつら書く、ってのはしんどいのよ(笑)

で、今日もいくつかネタがあったわけですが、まあ関西人としてはこれを書いておくかな、ってなことを買います。

タイトル通り、前から「たこ焼き器が欲しい」と思ってました。

実家にはあるんです。
でも実家はプロパン、うちは都市ガスで使えないのです。

実家のは火力も強いしいいたこ焼き器です。
でもたこ焼き器だけで置き場所取るのもめんどくさいので、なんかいいのないかな、と思いつつ何年も経ちました。

電気のは嫌だったのです。
ホットプレートも実はあまり好きじゃない。
なんでかと言いますと、電熱の管がぐるっと通ってるだけなのですぐ冷めるから。

そうしてるうちに、カセットコンロにたこ焼き器がついてるのを発見した。

うちにもカセットコンロがあるんですが、カセットコンロだけなのです。
たこ焼き器がついたのを買うとかぶってもったいない。
なのでやっぱり何年もいいなと思ってそのままにしてました。

それが、

「え、うちのにも乗せられるかも」

ってのを発見してしまった。

発見まで何年かかっとうねん!ってツッコミはなしの方向で。
だって、たこ焼きってずっと毎日のように作りたいって思うものじゃないから(笑)

ついにうちのにも使える鉄板?かどうか調べたんですが、載ってない。
同じシリーズに使えるらしいから、多分大丈夫だろうけど買ってしまってからだめってなったら嫌なので、メーカさんに問い合わせのメールを出してみました。

今日、そのお返事が届きました。

「そのシリーズのにだったらどれにも乗せられます」

ふむふむ、よかった。
じゃあ鉄板買おう。

そう思いながらメールを読んでいったら・・・

「ただ、お問い合わせの型式のコンロは18年から11年前に製造していたものです」
「部品のゴムパッキンが劣化するとガス漏れの原因となります」
「日本ガス石油機器工業会の案内で使用頻度にかかわらず10年で買い替え目安であると啓発しております」
「大切にお使いいただいていたところ、大変心苦しいのですが、お買い替えについても視野に入れ、ご検討いただきますようお願い申し上げます」

にょ~なんだって!
大変丁寧なお返事をいただいてしまったが、そろそろ買い替え時なのか!

丁寧なメールにお礼と買い替え検討します、とお返事しておきました。

うちのガスコンロは結婚する時にととろさんのお父さんのお古をいただいたものなのです。
その前年ぐらいまでかな、お父さんが単身赴任をしておりまして、その赴任先で使ってたらしい。
家に帰ってきていらなくなったからいるか?と聞いてくれたので、いただいたのでした。

多分14、5年は使ってるだろうなあ。
うちに来て13年だもの。
もっとかも。

たこ焼き鉄板以外に考えていたことがもう一つあるのです。
それは、うちにたこ焼き器付きのカセットコンロを買い、これは実家に持って行こうかと思ってました。
実家のこういうコンロはガス栓を引っ張るやつなので、めんどくさいのです。
実家はプロパンなので、あの震災の時にもガスが使えてました。
でも一応予備にカセットコンロがあったら、何かの時にも使えるし、めんどくさい時はそれを使ってガスをローリングストックしておけばいいかな、と思ってたのでした。

さて、どうしましょうかね。
というか、カセットコンロじゃないやつは使ってて大丈夫なのかな?
あっちは前使ってたのがいきなり壊れてととろさんと買いに行ったので、多分10年ぐらいだと思う。
まあ急ぐもんじゃないし、考えるかな。

布団を買いに

タイトル書いて思い出したけど「手袋を買いに」って童話あったなあ。

うちはそんなかわいらしい物語ではありませんが、先日破れてクリーニングできなかった父親の布団をどうするか、とりあえず売ってるのを見に行って決めることになりました。

私の希望としては、あの布団をリフォームして使ってもらえたらエコでいいかなと思ったんですが、もう古いし、何より年寄りが快適に寝てくれたらそれでいい。

「◯◯に布団見に行きたい」

どうするか聞いたらそう言う。
◯◯とは、比較的近くにある大きいスーパーです。
私が普段買い物に行く3番か4番ぐらいの頻度のスーパー。
よく行く◯アイとか、もう一軒のお安いスーパーよりやや上のランク、って感じのところです。
デパートほどじゃないけどね。

父親は何かを買いに行く時は、ここかコープさんに行きたがる。
先日、うちがクリーニングに出した布団屋さんもあるんですが、とりあえずここに行ってからと言うので連れて行きました。

今日は父親の病院の日だったんですが、それがまあ、今日はなんかいっぱいで時間かかって、お布団見に行くのもちょっと遅くなりました。
11時半ぐらいになったかなあ。

スーパーに着き、車椅子に乗せて布団売り場に直行。
したんですが、誰もいない。
布団もなんか合繊?とか和布団しかない。

元々は綿の和布団がいいって人だったんですが、今は重いから羽毛がいいらしい。
と言ってたら、安いから合繊のでいいとか言い出したぞ、親父(笑)

なんで羽毛布団がないんだろうと言ってたら、たまたま通りがかった布団売り場担当らしい店員さん発見。
聞いてみたら「催事売り場」にたくさんあるって。
それでこっちはさびしかったのね。

連れて行ってもらったら、あるある、色んな羽毛布団。
一応聞いたら、ここのお店では布団のクリーニングやらリフォームはやってなくて売るだけらしい。
そういうことはやっぱり先日行った布団屋さんでと言われました。

「ダウン80パーセント以上がおすすめです」

とのことなので、そういうのを見てたら父親が、

「こっちの70のでいい」

と言って聞かない(笑)

以前、冬に寒くないようにと羽毛布団のカバーを毛布みたいなやつにしたんですよ。
それと、シャーパがあるからそこまでのだと逆に暑いからとどうしても聞かない。

そういうわけで、ダウン70パーセントの大変お買い得な布団を買うことになりました。
しかも一割引だし。
そんな安いのでいいのか・・・

父親も今はクレジットカード作ってこういうのはキャッシュレスで買うようになってるので、カード預かってお会計済ませてたら、

「あ、これ忘れとった」

って商品券出してきおった・・・

もうちょいはよ出しなさい。
申し訳ないがレジ打ち直してもらったよ。

商品券使ったら、リフォームの半分ぐらいのお値段で済んでしまった。

「あのカバーかけたら結構ぬくいからあれでええ」

そういや、母が冬場でも足出したりしてる言うてたし、暑いと逆にしんどいのかもね。
もしも足元とか肩のあたり寒かったらシャーパもあるし、まあいいか。

ということで、父親のお布団問題は解決しました。

残ってるのは、うちのお布団のカバー問題と、前の羽毛布団をどうするか問題です。
前の布団、お金はいらんから引き取ってもらえんかなあ、もったいないもんね。
なんか探してみようかな。

神棚微調整

先日柱を立て直した神棚ですが、高さを低くして様子を見たものの、これぐらいでいいということになりました。

なんですが、位置を微調整したいと思った。
もう少しだけ壁よりに動かしたい。
下に鏡台をを置いて押さえてる形なんですが、その鏡台からすごくずれてるのが気になったんですよ。

「もう5センチほど壁寄りに移動したらいいだろう」

そう思い、本当に軽く動かすだけ、のつもりで今朝作業をしました。

突っ張りに使ってる「ラブリコ」の上のネジの部分を緩め、そのまま足できゅきゅっと移動して終わりのはず。
簡単簡単。

まず左の柱を動かして、壁からの距離を足元、真ん中、上で測ったらほぼ等距離になってる。
次は右の柱を動かしますが、棚板付いてるし簡単簡単。

そう思って動かしてみたら、どうやっても変。
棚板とくっついてるところの距離を起点として、足元と上部を測るけど、どうしても変、同じ距離にならない。

「一度棚板外してみよう」

右の柱から棚板をはずし、作業してたけどなんか変・・・
どう測ってもなんか数字が合わない。

どういうことか色々調べて分かった。

「このメジャーが悪いんやん!」

100均で水平器付きのメジャーを見つけて買ったんですよ。
水平器も欲しかったし。
そのメジャーのめもりが正確じゃない・・・

昔聞いたことがあります。
きちんとしためもりにしたら税金だかなんだかが高くなるとかなんかがあり、安物の定規はわざとずらしてるって。
本当かどうか分かりませんが聞いたことある。

それか!

どうりで合わせたはずでも合わない。
水平器もついてるしと買ったがぬかったわ!

それで一度棚板を外してしまい、一から測り直すことになりました。
ついでに1センチちょっとだけ棚板を高くしておいた。
そこはどうしようかと思ってたところなのでよかったわい!
「酸っぱいぶどう」じゃないからね!

まだ正確であろう定規を使って色々測り直して、よし、2本の柱の間も均等になったし棚板も平行につけられた。
ついでに下の棚板もつけ直して作業完了。
やれやれ、神棚完成です。

大した作業ではなかったと思うけど、予定外の作業が入ってその分疲れました。
5分で終わると思ってるのが30分かかって疲れた、って感じ。

さて、今度は神棚のお隣にちょっと離して今度は棚を作る予定です。
もうなんか色々慣れたもんね。
昨日買うものも下調べしてきたし、近々できるだろう。
そして他にもやりたいことが出てきたので、あそこもここもなんとかしよう。

基本的に収納が少ないのと物が増えたので片付かない。
少しずつ、本当に少しずつだけど処分できてるので、終活までには間に合うかな?(笑)